赤ちゃんモデルを目指すならテアトルアカデミーがおすすめ!

テレビコマーシャルや雑誌の広告、華やかなテレビドラマの世界など……赤ちゃんモデルが活躍する場所は、実にさまざまです。各種メディアで可愛らしい姿を目にするたびに、「うちの子どももぜひ赤ちゃんモデルに!」なんて夢を抱く方も多いのかもしれませんね。

ぼんやりとした希望は抱いているものの、「赤ちゃんモデルが、具体的にどのような仕事をするのかわからない」「どうすればデビューできるのだろう」と悩んでいる方のため、赤ちゃんモデルの特徴と共に、その目指し方について解説します。

長い人生の中でも、赤ちゃん時期はほんの一瞬。今の可愛らしさを無駄にしたくない!と思ったときには、ぜひ参考にしてみてください。

赤ちゃんモデルとは?

赤ちゃんモデルとは?

赤ちゃんモデルの世界が気になり始めたときには、まずは具体的に「赤ちゃんモデルとは、どのようなものなのか」を知りましょう。なんとなくのイメージで話を進めていくと、「こんなはずじゃなかった!」なんて事態に陥ってしまうことも……。まずはその特徴やお仕事内容などを、きちんと知っておくことが親としての務めです。

赤ちゃんモデルの最大の特徴は、ずばりその「年齢」にあります。赤ちゃんモデルとして扱われる時期は、事務所によっても差がありますが、大体生後2~3週間から満3歳未満です。子役でいられる時期も非常に短いと言われていますが、赤ちゃんモデルの場合、その期間はさらに短いと言えるでしょう。

赤ちゃんモデルの仕事について

場合によっては、本当に生まれてすぐの時期から活躍している、赤ちゃんモデルたち。具体的な仕事内容としては、以下のようなものが挙げられます。

・ベビーグッズのコマーシャル出演
・テレビドラマへの出演
・商品パッケージのモデル
・パンフレットやカタログ、雑誌などのモデル

テレビドラマを見ていれば、脇役の一人として「赤ちゃん」が出演するシーンは珍しくありません。また紙おむつのコマーシャルに、赤ちゃんモデルは欠かせない存在。その愛らしい表情と仕草に、心が和んだ経験がある方も多いことでしょう。

このほか、商品やパンフレット、カタログなどにも、かわいらしい赤ちゃんの姿は欠かせないものです。特に「優しく、やわらかでファミリー層に受ける雰囲気」を演出したいときには、赤ちゃんモデルは非常に重要な役割を担ってくれます。

もしも赤ちゃんモデルを目指すのであれば、このようなお仕事をこなしていくことになるということを、まずは頭に入れておきましょう。

こどもを赤ちゃんモデルにするには?

こどもを赤ちゃんモデルにするには?

では次に、実際に「自分のこどもを赤ちゃんモデルにしてみたい!」と思ったときに、どう行動するべきなのかについて、わかりやすく解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

一般向けのオーディションを受ける

一から赤ちゃんモデルを目指す際に、もっともハードルが低いと言われるのが、こちらの方法です。事務所に所属していない一般の赤ちゃん向けに開催されているオーディションで、募集要項の条件さえ満たしていれば、誰でも参加することができます。

一般向けのオーディションでもっとも多いのが、雑誌の読者モデルオーディションです。子育て世代向けの雑誌に、赤ちゃんとパパ・ママは欠かせない存在。「読者にとってよりリアリティーのある紙面づくり」をするために、数多くの読者モデルが募集されています。

一般向けのオーディションに合格し、晴れて読者モデルとしてデビューが決まれば、以下のようなお仕事をこなすことになります。

・雑誌の表紙や紙面に登場
・雑誌ごとの企画やイベントに参加

お仕事の内容は雑誌によってさまざまですが、読者モデルとしてお仕事をする場合には、お給料は発生しないケースが多いです。

衣装なども自分たちで用意しなければならないので、「負担が大きい」と感じてしまうようなケースもあるでしょう。

事務所に所属するための芸能オーディションを受ける

赤ちゃんモデルを目指す際に、もう一つの道となるのが「事務所に所属するための芸能オーディションを受ける」というものです。こちらは、オーディションに合格したからといって、すぐに仕事につながるとは限りません。

あくまでも「事務所に所属する」ためだけの芸能オーディションですが、合格すれば、その後の仕事において事務所のバックアップが受けられます。

テレビやコマーシャル、雑誌や商品パッケージに赤ちゃんモデルを使いたい!と思ったときに、多くの企画ではまず「大手芸能事務所」へと声をかけます。条件に当てはまる赤ちゃんモデルを各所から集め、その中でもっともふさわしい赤ちゃんを選ぶ、というわけですね。

こうした流れで仕事を得られるのは、事務所に所属している赤ちゃんモデルのみです。事務所に所属していれば必ず仕事がある!というわけではありませんが、一般の赤ちゃんよりも多くのチャンスをつかみやすくなるのは事実です。

赤ちゃんモデルとしての花形の仕事といえば、

・紙おむつのコマーシャル
・幼児向けテレビ番組への出演

などが挙げられます。このような仕事のほとんどは、大手芸能事務所を通して役が決定していきます。

「赤ちゃんモデルとしてデビューするために、まずは事務所オーディションを受ける」というのは、少々遠回りのように思えるかもしれませんが、後々のことまで考えれば、実はこちらが一番の近道だと言えます。

決断するのは「親」!

本当に幼い時期から活躍する赤ちゃんモデルたちは、もちろん「自分たちの意思」によってモデルとして活動しているわけではありません。

赤ちゃんモデルとして活躍させたい!と願うのであれば、親自身が決断をして、なるべく早めに行動を開始することが大切です。

赤ちゃんモデルとして活躍できる時期は、長い人生の中でもごくわずかです。悩んでいる間にも、次々にチャンスを逃してしまっているのかもしれません。

また、赤ちゃんモデルとして活躍するためには、送迎やお世話など、両親のサポートが必要不可欠です。こうした面からも、本当に赤ちゃんモデルとして仕事ができる環境にあるのかどうかを確かめた上で、行動を開始するのがオススメです。

テアトルアカデミーは赤ちゃんモデルに強い

テアトルアカデミーは赤ちゃんモデルに強い

こどもを赤ちゃんモデルにしたい!と思ったら、まずは事務所オーディションを受けるのがベストとお伝えしましたが、このときの「事務所」は、どこを選んでも同じというわけではありません。

事務所によって、赤ちゃんモデルに強いところもあればそうではないところもあるためです。業界内でも知名度が高い事務所の方が、より良いお仕事が回ってくる可能性が高いというわけですね。

赤ちゃんモデルに強い事務所として名が知られているのがテアトルアカデミーで、これまでにも多くの実績を残しています。有名メーカーのオムツのパッケージやコマーシャルにテアトルアカデミー所属の赤ちゃんモデルが起用されるケースも多いですし、赤ちゃん向け番組にも多数のこどもたちが出演しています。

テアトルアカデミーは、赤ちゃんモデルに対するケアが手厚いことでも知られており、多数の実績を持つスタッフが、お仕事中の赤ちゃんを徹底的にサポートしてくれます。また赤ちゃん向けの芸能スクールも開講しています。こうしたところも、親としては安心できるポイントだと言えるでしょう。

また全国に校舎を展開しているため、自分の住まいに近いところでオーディションを受けられる点も、嬉しいポイントとなっています。

赤ちゃんモデルを目指すなら、実績豊富なテアトルアカデミーへ

赤ちゃんモデルを本気で目指したい!と思ったら、貴重な時間を無駄にしないためにも、テアトルアカデミーのオーディションに参加してみるのがオススメです。

テアトルアカデミーのオーディションで審査されるのは、赤ちゃん一人一人の個性です。特別な準備は必要ありませんから、挑戦してみると良いでしょう。

赤ちゃんモデルへの道を目指す際には、こどものことを考え、信頼できる事務所におまかせするのが一番です。大切なこどもの将来をしっかりと考える上でも、ぜひテアトルアカデミーの無料オーディションを活用してみてはいかがでしょうか。

TOPへ戻る

芸能オーディション 比較ランキング

タレントになる方法

【ジャンル別】芸能人になるためには

【年齢別】芸能人になるためには

芸能オーディション対策

テアトルアカデミーのオーディション

芸能オーディション情報 比較ランキング!