キッズモデルは将来もモデル?現実は?

キッズモデルは将来もモデル?現実は?

お子さんが自らキッズモデルになりたいと言ってきたら、親としては「応援したい」「夢を叶えてあげたい」と思うものですよね!しかし、子供の将来を考えたときに、素直に子供の背中を押してあげられないという親御さんも多いはずです。

というのも、キッズモデルはその名から一生続けられるものではなく、いずれは引退する時期が必ず来るからです。しかし、キッズモデルを引退した後の将来が見えていれば、応援してあげることができるかもしれませんよ!

また、キッズモデルを経験していれば、引退後はモデルとして活動できる可能性があります。そこで、今回はキッズモデルの将来についてご紹介していきます。引退後はモデルとして活動できるのか、その他に進むことができる進路があるのかをご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キッズモデルの活動期間には限りがある

キッズモデルの活動期間には限りがある

最初にもお伝えしたように、キッズモデルとして活動できる期間には限りがあります。3~12才まではキッズモデルとして活動できますが、それ以降の年齢になると引退することになってしまいます。

芸能界での活動の1つではありますが、終わりが見えていると子供の将来を考える親としては素直に応援できない方も少なくないでしょう。しかし、キッズモデルを経験したお子さんは、活動の中で以下のような力を身に着けることができます。

  • ・自己管理能力
  • ・自己表現力
  • ・礼儀、挨拶
  • ・場の空気を読む
  • ・自発性

キッズモデルになれば自分を可愛く(かっこよく)見せる力や、大人と会話をする力は当然身についてくるでしょう。ですが、その他にも将来大人になったときに身に着けておきたいスキルを身に着けられるので、お子さんにとって良い経験をさせてあげることができるのも事実です。

キッズモデルの将来は?その後の進路まとめ

キッズモデルの将来は?その後の進路まとめ

12才以降になるとキッズモデルを引退することになるため、親としてはその後の将来が気になるものです。そこでキッズモデルの将来について調べてみたところ、大きく分けて4つの進路が存在することがわかりました。

キッズモデルを引退した後でも芸能界で活動できる道はありますし、一般人の生活に戻ることもできます。ここでは、そんな引退後の進路についてまとめてみたので、一つひとつ見ていきましょう。

そのまま事務所に所属してモデルになる

キッズモデルでの活動で才能が認められた、もしくはお子さん自信がモデルとしての仕事を続けたいという場合は、モデルとして活動するという道を選ぶことができます。とは言え、モデルへの道はそう簡単ではなく、場合によっては諦めざるを得ないこともあるかもしれません。

しかし、キッズモデルとしての実績があるため、一目を置かれる存在としてモデルになれる可能性もあります。また、所属事務所からモデルの仕事をもらえるという場合は、自己表現力やポージングの基礎は見についているので、引退後はそのままモデルの道へと進む人もいるようです。

俳優や女優など役者として活動する

引退後には男の子なら俳優を、女の子なら女優を目指す子供は多いと言われています。芸能界での活動実績があり、キッズモデルとして活動する中で自分を表現する力や方法が身についているので役者としての素質はしっかりと持っているでしょう。

ちなみに、現役で活躍している役者の中には、幼い頃にキッズモデルの経験をされている方も少なくありません。職業的に自分の見せ方や表現力が求められる点では同じなので、役者へと方向転換できるケースは多いそうですよ!

仕事の幅が広いタレントになる

現在タレントとして活動されている方の中には、幼い頃にキッズモデルとして活動していたという方が多いです。例えば、お笑い芸人で有名な劇団ひとりさんの奥さんである大沢あかねさんは、過去にキッズモデルとして活動しています。

タレントとキッズモデルとでは、一見すると異なる職業のように思えます。しかし、幼い頃から大勢の大人に囲まれて仕事をしていた経験が、タレントへと方向転換した後に生かすことができているので、芸能界での活動を続けることができています。

芸能界を引退して一般人の生活に戻る

これまでにご紹介した引退後の進路はすべて芸能界での活動でしたが、子供によっては一般人の生活へと戻る道を選ぶケースも少なくありません。というのも、キッズモデルとして売れない場合は、学業とモデル業を両立している子供が多く、芸能人ではなく一般人としての感覚が強く残っているからです。

しかし、キッズモデルの活動で得たスキルはどんな仕事にも役立つものばかりなので、一般人に戻った後でも自分がやりたいと思える仕事に生かすことができるでしょう。

将来的な話を子供と一緒にすることが大切

お子さんがキッズモデルになりたいと打ち明けてきた場合、活動期間には限りがあるということを伝えておくことが大切です。子供はモデルの仕事をするということは理解していても、それ以上のことをきちんと把握していないからです。

また、キッズモデルになることを強く夢見ている子供の多くは、実際に夢を叶えた後にやる気がなくなってしまう燃え尽き症候群になるケースが多々あると言われています。せっかくキッズモデルに慣れたのに、いつもぼんやりとした姿を我が子がしていると、親としてはとても悲しく心配になるもの。

大事な我が子の将来を見据えてあげるのは、親としての大事な役目です。そのため、キッズモデルは永遠に続けられる仕事ではないこと、そして引退後の将来的な話をお子さんと一緒にすることが大切です。

キッズモデルの将来にはいくつかの進路がある

女の子なら可愛らしく、男の子ならかっこよく自分を表現するキッズモデル。その活動期間は永遠に続くものではなく、12才以上になると引退しなければなりません。そのため、キッズモデルを夢見る子供を応援してあげたい反面、素直に頑張れと背中を押せない親御さんは多いようです。

しかし、引退した後でもモデル・役者・タレントなどの芸能界への道へ進むことは不可能ではありません。また、お子さん次第ですが一般人の生活へと戻ることも選べる1つの道です。そして、どの進路へと向かったとしてもこれまでの活動経験は決して無駄になることはないので、子供の将来を一緒に考えてあげることが大切です。

また、将来的にどのような道へと進むかを決めるのはお子さん自信です。ですので、何を目指して頑張るにしても、幸せな人生を歩めるように親御さんはお子さんをしっかりとサポートしてあげてください。

TOPへ戻る

芸能オーディション 比較ランキング

タレントになる方法

【ジャンル別】芸能人になるためには

【年齢別】芸能人になるためには

芸能オーディション対策

テアトルアカデミーのオーディション

芸能オーディション情報 比較ランキング!