俳優になるためには何が必要?

日本だけではなく、世界で活躍できる可能性もある「俳優」という仕事。テレビや映画の世界で、現実とは違う役柄を演じ、多くの人を魅了する職業に、憧れの気持ちを抱く方も多いことでしょう。俳優として活躍できる人の数は非常に少ないものですが、ぜひチャンスをつかみたいところです。

自分自身が俳優として活躍するためには、いったいどのような能力を身につけるべきなのでしょうか。俳優になるために必要なものと共に、俳優を目指すのに適した年齢、そして俳優を目指すためのルートについて解説します。

「俳優になりたい!」と思ったときには、20代、30代であっても、簡単にあきらめる必要はありません。まずはこちらの情報をチェックしてみてください。

俳優に必要な能力5つ

俳優に必要な能力5つ

まずは俳優を目指す上で、身につけておきたい5つの能力についてです。俳優として成功するためには、多くの人に認められる必要があります。もちろん「運」を味方につけることも大切ですが、必要な「能力」を身につけることで、運を味方につけられる可能性も高まるのです。

では具体的に、どのような能力を身につけておくと有利なのでしょうか。以下の項目を参考にしてみてください。

  • ・現状に満足せず、常に上を目指す情熱
  • ・粘り強さ
  • ・周囲と協力できる柔軟さ
  • ・周囲を魅了する圧倒的な個性
  • ・自身の魅力や適性を、客観的に把握する力

それぞれを詳しく紹介していきます。

★情熱がある人は、強い

俳優という仕事は、「完成形」が存在するものではありません。どこまでいっても「100点満点」ということはなく、演じる人と見る人のそれぞれが自分で感じとるものです。

このため、自分が満足してしまったら、それ以上は成長できないという特徴があります。成長しなくなった役者に対して、興味を抱いてくれる聴衆は決して多くありません。周囲を魅了し続けるためには、「絶えず俳優業に情熱を注ぎ続け、自身を成長させ続ける」ということが必要となるのです。

俳優として成功する方の多くは、演技に対して非常に強い情熱を持っています。一つの役に対して、自分ならどうアプローチしていくのか、しっかりと向き合う方が多いのです。

★簡単に諦めないこと

俳優として仕事をスタートできたとしても、すぐにチャンスが巡ってくるわけではありません。役柄をつかむためのオーディションは、参加し続けることになるでしょう。

当然そこでは、挫折を経験する機会も多くなるはず。しかし「もう無理だ」と思ってしまえば、そこで俳優人生が終了してしまうことになります。

たとえオーディションに落ちたとしても、前向きな気持ちを失わないこと、そして「次にまた頑張ろう」と思える能力も、俳優には必須なのです。

★作品は周囲と協力して作り上げるもの

俳優として個性を際立たせたいと思うあまり、協調性を無くしてしまう方がいますが、これはNGです。俳優とは、作品の中で活躍する仕事の一つにすぎません。そしてその作品を作り上げるためには、スタッフ全員と協力し合うことが、必要不可欠なのです。

周囲とうまく協力できるかどうかは、日常の些細な場面でチェックされているケースも多いもの。芸能オーディションにおいても、それは例外ではありません。自分が周囲とうまく協力できているかどうか、ぜひ普段の生活の中から、意識してみてください。

★「この人でなければ」と思わせる個性

周囲と協力できることは大切ですが、それは決して「周囲の多くの人の中に埋没する」という意味ではありません。やはり俳優として選ばれるためには、「他の人にはない魅力・個性」を周囲に伝える必要があります。

個性に正解はありません。実は自分にとって「弱点」と思っている点が、周囲から見たときには「個性」となる可能性もあります。自身の魅力を見極めた上で、芸能オーディションでは積極的にアピールする必要があります。

「個性が見つからない」というときには、まず「周囲と自分の違うところ」を見つけてみてください。また身近な人の意見を聞いてみるのもオススメです。

★客観性を持って、周囲に伝えよう

周囲に魅力を伝えるためには、客観的に物事を把握する必要があります。特に俳優というお仕事では、作品全体を俯瞰するような姿勢も重要となります。

客観性はすぐに身につくスキルではありません。日常生活の中で少しずつ養っていくのがオススメです。

俳優を目指す際の適齢期とは

俳優を目指す際の適齢期とは

俳優を目指す際に、いわゆる年齢制限というものは存在しません。テレビや映画の世界で見ていればわかるとおり、フィクションの世界にはさまざまなタイプの役者が必要とされています。「若くて顔立ちが整っている」人のみでは、賄いきれないのが俳優という職種の特徴でもあるのです。

とはいえ、俳優を目指す上でチャンスが多いのは10代から20代ごろまでのことです。30代を超えると、オーディションを受ける際にも、「自分が受けられるものを選ぶ」というステップが必要になりますから、徐々に厳しい状況になっていきます。

また30代以降の俳優層は、若い頃から俳優として活躍し、経験を積み重ねてきた方が中心となって作られています。そこに新人として切り込み、新たな需要を開拓することは、決して簡単ではありません。

もし「俳優になりたい」という夢を抱いているのであれば、遠慮する必要はありませんから、ぜひ若い内から挑戦してみてください。それが俳優としてのこれからを切り開くための鍵となる可能性も高いのです。

俳優を目指すためのオススメルート

俳優を目指すためのオススメルート

最後は、俳優を目指すためのルートについてです。俳優になるための方法はいくつかありますが、オススメなのは「芸能オーディションを受ける」というものです。特に俳優業に強い芸能事務所の芸能オーディションに合格すれば、芸能スクールで俳優として必要なスキルを学びながら、デビューへの道を探ることができるでしょう。

芸能オーディションは、事務所に所属する新人を見つけ出すために行われるオーディションで、見つけ出した人材を、事務所は積極的に売り出していきます。芸能スクールで学べば、俳優として活躍していくための、さまざまなコツを身につけることができるでしょう。オーディションに合格するのは決して簡単ではありませんが、その後の可能性が一気に開けていく可能性もあります。

またオーディションに参加することで、自分と同じように俳優という仕事を目指す方と出会うことができます。オーディションに合格する人もいれば、不合格になってしまう人もいます。自分とは何が違うのかを見極めることにもつながりますし、また自分の個性や魅力について、判断するきっかけにもなるでしょう。

オーディションに突破するためには、いくつかのコツがあります。俳優を目指すのであれば、やはり「どのような場面でも堂々と振る舞えること」は重要な要素の一つとなるでしょう。こうしたポイントもつかんだ上で、ぜひオーディションに挑戦してみてください。

オーディションにもさまざまな種類がありますから、まずは「俳優」という仕事にふさわしいオーディション情報をピックアップしてみましょう。その上で、自分が挑戦できそうなものを選んでみるのがオススメです。

俳優への一歩は、オーディションから始まる

「俳優になるために芸能オーディションを受ける」と聞くと、なんだかドキドキしてしまう!なんて方もいるのかもしれませんね。「オーディションよりもスカウトの方が……」なんて思う気持ちも、よくわかります。

しかし、俳優として仕事をするようになれば、「オーディションを受ける」⇒「合格する/落ちる」を繰り返して、自身のキャリアを積み重ねていくことになります。芸能事務所に所属するところからオーディションの経験を重ねていくことは、自身の将来を考えたときにも、プラスに働いてくれることでしょう。

芸能オーディションに参加すれば、自身の魅力や個性を客観的に見極めることにもつながります。たとえ失敗したとしても「次はどうすれば良いのか」と考えるきっかけにしてみてください。オーディションを通じて、一歩ずつ成長していけば、いつかきっと目標を達成できるはずです。

TOPへ戻る

芸能オーディション 比較ランキング

タレントになる方法

【ジャンル別】芸能人になるためには

【年齢別】芸能人になるためには

芸能オーディション対策

テアトルアカデミーのオーディション

芸能オーディション情報 比較ランキング!