タレントを目指すにあたって必要なこと

テレビや各種イベントなどの華やかな世界では、数多くのタレントたちが活躍しています。抜群の個性を発揮してキラキラとした魅力を放ち続けるタレントたちに、「すごい!」と感じた経験はありませんか? 自分もあんな風になれたら……と夢見る方も多いのかもしれませんね。
実際に「タレントを目指そう!」と思い、努力をする方も少なくありませんが、タレントは「歌手」や「俳優」とは違います。タレントとして活躍するためには、具体的にどのような特徴やスキルを備えておくべきなのか、戸惑う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は「タレントになってみたい!」と思う方に向けて、タレントに関する基礎知識と求められる能力や雰囲気、スキルについて解説します。デビューを目指して頑張りたい!と思ったら、ぜひ自身の適正と合わせてチェックしてみてください。

人とは違う個性

人とは違う個性

タレントに必要な能力・魅力について知るためには、まず「そもそもタレントとは、どのような人々をさす言葉なのか」ということを理解しなければいけません。

テレビやメディアの世界では数多くのジャンルの人々が活躍していますが、「俳優」の仕事は演じることです。主にドラマや映画、舞台などで活躍しています。「歌手」であれば歌を仕事にしていますし、「お笑い芸人」であれば、コントや漫才などで人を笑わせることを生業としています。芸能界にはさまざまな種類の仕事が存在していますが、その中でも「特定分野に分類しづらい」人たちを、タレントと呼ぶケースが少なくありません。
もともと「タレント」とは英語で「才能」や「技能」を示す言葉です。演技や歌などの専門技術を用いずに、自身の魅力や内面から発せられる才能を武器に、芸能界を生き抜いていく方のことをタレントと呼んでいます。

このことからも、タレントとして活躍していくために必要なものは、以下のようなスキル・能力です。

・人間的な魅力
・ほかの人にはない圧倒的な個性

タレントとして活躍していくためには、まず周囲の人を惹きつけなければいけません。俳優にとっての「演技」や歌手にとっての「歌」など、わかりやすい判断基準が存在しない分、タレントがその魅力を開花させ、さらに高めていこうとするのは非常に難しいことなのかもしれません。
またどんなタレントも、最初に注目されるのは「ほかの人にはない圧倒的な個性があるため」です。人間は、普通に生活していてもみんな個性的なものですが、「人の注目を集め、惹きつけられるかどうか」という点では、個人差があります。

・容姿
・ファッション
・キャラクター

など、「この人のことをもっと知りたい!」と思わせるスキルが必要となります。

挨拶や礼儀などのコミュニケーション力

挨拶や礼儀などのコミュニケーション力

さて、タレントとして活躍していきたいと願うのであれば、自分自身のキャラクターや個性ばかりに目を向けていてはいけません。タレントにとってのキャラクターや個性は、「メディアの前で番組や企画を楽しんでいる方向け」のものです。一緒に番組を作り上げていくスタッフや、オーディションに関わる人たちとは、しっかりとコミュニケーションがとれることが重要です。
例えばタレントは、その他のタレントと番組で共演する機会も多いことでしょう。一緒になって番組を進行したり、盛り上げたりする必要があります。周囲とコミュニケーションが取れないようでは、気持ちよく仕事をすることは不可能になってしまいます。

「個性には自信があるけれど、コミュニケーション力には自信がない……」という場合でも大丈夫です。まずは挨拶やお礼などの最低限のマナーを大切にするだけでも、印象は良くなります。一つ一つの出会いを大切に考え、自分の立場と共に相手の立場を尊重できるよう、配慮しましょう。

タレントとして長く活動していくためには、「番組や企画を作る人たち」から愛される人物であることが大切です。

芸能事務所に所属してタレントを目指す場合でも、これは変わりません。基本的なマナーがなっていない人よりも、挨拶やお礼など、周囲ときちんとコミュニケーションが取れる人を応援していきたいと思うのは、当然のことです。タレントを目指すのであれば、周囲との関係を円滑に保てるよう、努力しましょう。

コメント力やトーク力

コメント力やトーク力

近年のタレントの活躍場面は、非常に広がってきています。もともと「タレント」という職業に明確な「役割」がなかったことから、「それぞれの個性に合わせていろいろな仕事を依頼される」と考えるのがオススメです。
例えば、これまで「アイドル系タレント」として売り出していた女性タレントでも、何らかのきっかけで「コメンテーターとしての才能がある」ことが発覚すれば、今後はそうした方面からの依頼も増えてくるかもしれません。これまでにはない路線のお仕事も、どんどん開拓できる可能性がある、というわけですね。

タレントとして活動するのであれば、できるだけ多くのスキルを有していた方が、いろいろなお仕事を割り当てられやすいという特徴があるでしょう。
中でも重要なのは、コメント力やトーク力など「話すこと」に関する能力です。バラエティ番組でも情報番組でも、出演者にコメントを求められる機会は多いものです。そのときに、「求められている情報を適切な形で発信できるかどうか」は、タレントとして非常に重要な能力となります。
このようなコメント力やトーク力は、日常生活の中で自然に鍛錬を積み、抜群にうまい方もいます。このようなケースでは、自身の強みを上手にセルフプロデュースすることで、人気アップにつなげていけることでしょう。

また「自分は、トークやコメントはあまり得意ではない……」と思う場合でも心配はいりません。コメント力やトーク力は、後々の訓練によっても高めていけます。事務所オーディションに合格し、事務所に所属してデビューを目指すことになれば、芸能スクールでさまざまなレッスンを受けることになります。タレントを目指すのであれば、トークやコメントに関するレッスンも受けられることでしょう。少しずつ自信を身につけて、活躍できるタレントを目指していってください。

タレントになるにはどうすれば良いのか

ここまでで、タレントになるために必要な要素を3つ紹介してきました。「圧倒的な個性・魅力」「周囲と関わるコミュニケーション力」、そして「物事を伝えるトーク・コメント力」です。
とはいえ、これら3つの能力を有していたとしても、「本当にタレントになれるのだろうか」という不安を抱く方も少なくありません。タレントとして活躍していくためには、メディアや聴衆から注目されることがもっとも重要なこと。しかしこれを達成するためには、「運をつかむ」ことも重要な要素となるためです。

特に年齢を重ねている人の場合は、「これからでもタレントを目指すことができるのかどうか」は、非常に気になる疑問でもあります。しかしテレビや各種イベントをチェックしてみても、活躍しているタレントの中にはさまざまな年代の方がいます。メディアや視聴者から求められる存在になれば、年齢は特別な問題にはなりません。何歳からでもタレントを目指すことは可能なので、まずは安心してください。
とはいえ、ある程度年齢を重ねると「スカウト」などの手段でタレントを目指すのは非常に難しくなってしまいます。若い世代の人と比較すると、可能性は少し狭まってしまうと言えるのかもしれません。「運」をただ待つのではなく、自分の方から「タレントになりたい!」という強い意志を持って、アクションを起こすことが重要だと言えるでしょう。
タレントを目指す上でもっとも近道だと言われているのが、「芸能事務所に所属する」という方法です。大手のタレント事務所などでは、定期的に芸能事務所所属オーディションを開催しています。この芸能オーディションに突破することで、タレントになるための道が、一つ開かれるはずです。

「タレントになりたい」という思いを簡単にあきらめる必要はありませんから、まずは自分が参加できる芸能オーディションの情報を集めてみてください。勇気を出してエントリーすることが、夢の実現への第一歩になるのかもしれません。

TOPへ戻る

芸能オーディション 比較ランキング

タレントになる方法

【ジャンル別】芸能人になるためには

【年齢別】芸能人になるためには

芸能オーディション対策

テアトルアカデミーのオーディション

芸能オーディション情報 比較ランキング!