歌手のオーディション合格のためには何をすればいい?

歌手になるための方法はいくつかあります。奇跡的なタイミングでチャンスをつかみ、実際にデビューし、活躍する方も多くいますよね。とはいえ一般の方が「歌手を目指そう!」と思った場合に、「奇跡的なタイミングで巡ってくるチャンス」を頼みにするのはオススメできません。「そのとき」をただ待っている間に、本当の意味でのチャンスを逃してしまう可能性も高いからです。

「歌手になりたい!」という目標までの道を自分の力で切り開いていこう!と思ったときには、芸能事務所が主催する芸能オーディションに参加するのがオススメです。気になるオーディションの流れやオーディション参加のメリット、そして合格をつかむためのコツを紹介していきます。

歌手を目指すなら芸能オーディションを受けてみよう

芸能オーディション、書類審査の意味とチェックされる項目とは?

自分の歌に自信があるとき、自身の歌を世界へと発信していきたいなら、「歌手を目指す」というのはオススメの方法です。もちろん夢を叶えるのは簡単ではありませんが、その才能が認められれば、想像以上に大きく羽ばたくことも可能となります。そのための第一歩が、芸能オーディションだと言えます。

オーディションに参加すれば、まず「自分の魅力を芸能関係者にアピールできる場所」をゲットすることにつながります。歌手を目指す方にとって、非常に貴重な機会となるでしょう。

もちろんオーディションでは、「合格」をつかむことが最大の目標となります。オーディションによっては、「合格後の即デビュー」をうたっているものも少なくありません。このようなオーディションを狙えば、一気に夢の実現へと近付いていけるはずです。

しかしたとえそこまでには至らなくても、歌手志望の方が芸能オーディションを受けるメリットは数多くあります。3つのポイントを紹介します。

専門家の意見を聞ける

芸能オーディションにおいて歌や応募者自身の魅力を判断してくれるのは、芸能関係のプロの方です。これまで多くの歌手を見て、判断してきたプロだからこそ、一人一人の応募者に対して、さまざまな意見・感想を持っています。

歌手を目指すということは、その道で通用するプロを目指すということです。単純に「歌が上手い」以上の魅力を求められます。自分一人でその次元に到達するのは、決して簡単なことではありません。しかし「プロの目と耳」で判断したポイントを自身の成長につなげていけば、徐々にレベルアップしていける可能性も高いです。

まだ具体的な活動を行っていない素人の方にとって、「プロの意見を聞ける機会」というのは、決して多くはありません。オーディションとはいえ、この機会を無駄にしないよう意識しましょう。

芸能スクールで学ぶチャンスも

芸能オーディションで芸能事務所に所属するのと同時に、芸能スクールで学ぶようになる方も少なくありません。芸能スクールでは、歌手として活躍していくために必要な、さまざまな知識・技術を学ぶことができます。学びながらデビューのチャンスを待つことができますから、非常に効率的だと言えるでしょう。

共に切磋琢磨する、仲間と出会える

芸能オーディションの会場では、歌手を目指す、多くの仲間と出会うことができます。もちろんオーディションで出会う人は、みんな「ライバル」です。しかしその歌を聞くことも、実際にお互いの夢を語り合うことも、何よりの経験となるでしょう。

また人の魅力を間近に感じることで、自分自身に足りないもの、強みが見えてくることもあります。同じ目標を持つ仲間たちと交流し、刺激を受けることも、夢を実現させるために欠かせないポイントとなるのですね。

歌手オーディションの流れとは?

芸能オーディション、書類審査の意味とチェックされる項目とは?

歌手オーディションの流れは、以下のような流れで進むケースが多いです。

  • ・書類審査
  • ・実技審査・自己PR
  • ・合否発表

多くのオーディションが、書類審査からスタートします。「歌手志望なのだから、とにかく歌がうまければ良い」と考える方もいますが、まず書類審査を通過しなければ、自慢の歌を聞いてもらうこともできません。まずは全力で、書類審査を突破するために努力しましょう。

書類審査に合格すれば、初めて「歌をアピールする場」を与えられます。とはいえ、会場での振る舞いや、面接での内容も重要な審査項目となっています。歌手としてデビューするということは、チームの一員として一緒に仕事をしていくということ。「本当にそれが可能な相手なのかどうか」ということも、もちろん重視されるのですね。

歌手オーディション合格のためのコツ

では、歌手オーディションに合格するためには、どのようなポイントに注意すると良いのでしょうか。コツを紹介します。

自分に合った曲を選ぶ

書類審査を突破して、実技審査に進めることになったら、「どんな歌で勝負をするのか」が非常に重要なポイントとなります。自分の声に合う曲を選べば、審査においては、それだけ有利に働きます。自身の魅力を伝えやすくなり、審査員へのアピール力も高まるでしょう。

自分に合う曲を選ぶためには、オーディションの準備を入念に行う必要があります。実際に歌ってみるのはもちろんのこと、できれば録音して、冷静に聞いてみてください。何曲かピックアップして、同様の作業を繰り返す中で、自分にとってもっとも有利な曲が見つかるはずです。

自分らしく、自信を持って

オーディションで大切なのは、「自分自身の魅力を伝える」ということです。誰かの真似をしても意味はありませんから、自分らしい歌い方で勝負しましょう。特に普段から、「物真似」が癖になっている方は注意が必要です。

自分らしく自信を持って歌えるよう、事前に練習を積んでおいてください。

社会人としてのマナーも忘れずに

こちらは、審査項目というよりは、「最低限これだけは必要」と判断される項目です。技術評価は高くても、社会人としてのマナーがなっていなければ、一緒に仕事をしていくのは不可能でしょう。もしもこの項目で落とされてしまうとしたら、非常にもったいないことです。

社会人としてのマナーは、以下のようなポイントで判断されます。

  • ・言葉遣い
  • ・挨拶
  • ・メイク

オフィシャルな場所ではきちんとした言葉遣いをすると共に、挨拶はハキハキと気持ち良く行いましょう。会場に入った瞬間から意識することで、基本的な評価は高まるはずです。

また女性の場合、メイクが濃くなり過ぎないよう注意しましょう。服装の清潔感も重要なポイントとなります。

駄目だったとしても、すぐに諦めない

オーディションに合格するためには、実力だけではなく、ときには運も重要となります。だからこそ、一度駄目だったからといって、すぐに諦めるのはオススメできません。また次のオーディションに挑戦してみることで、自身の魅力をより深く理解してくれる審査員と出会える可能性もあるでしょう。

もちろん「オーディションで自分に足りなかった点」については、真摯に受け止め、改善する必要があります。しかし、駄目だったからと言って、落ち込む必要はありません。駄目だった経験を活かし、次のステップへと進んでいきましょう。

オーディションで自分らしく振る舞うためには、ある程度「慣れ」も必要となります。「失敗は成功のもと」という諺のとおり、「あのときの不合格があったからこそ、今合格をつかめたんだ!」と思える瞬間が来るはずです。

歌手オーディション、まずは挑戦してみましょう

芸能オーディション、書類審査の意味とチェックされる項目とは?

歌手になりたい!と思ったときには、まずオーディションに挑戦してみましょう。そこから、これから先の未来が広がっていく可能性も高いです。また、オーディションという特別な場所で、自分の力を試すことで、これまで知らなかった自分の魅力や強み、そして弱点について知ることができるはずです。本気で歌手を目指すのであれば、これらのポイントを知っておくことは、非常に大切なことです。

歌手オーディションに参加したいけれど、どうすれば良いのかわからない……と思ったときには、まずはオーディションの情報を集めるところからスタートしましょう。「これだ!」と思える情報を見つけたら、ぜひ躊躇することなく、積極的に挑戦してみてくださいね。

TOPへ戻る

芸能オーディション 比較ランキング

タレントになる方法

【ジャンル別】芸能人になるためには

【年齢別】芸能人になるためには

芸能オーディション対策

テアトルアカデミーのオーディション

芸能オーディション情報 比較ランキング!