まだまだ諦めないで!モデルは20代からでもなれる

華やかな世界で、モデルとして活躍したい!という夢を抱く方は少なくありません。10代の頃から、チャンスを求めて懸命に頑張る方も多いですよね。

10代の間にチャンスをつかめれば良いのですが……モデルとして活躍するためには、「運」も重要。事務所や仕事との巡り合わせに恵まれなければ、モデルとしての実績を積めないまま、20代を迎えてしまう……なんてケースも少なくないのが現実です。

20代になっても、まだ「モデルになりたい!」という夢を捨てきれない場合、ここからモデルを目指して頑張る!ということは可能なのでしょうか。20代からモデルを目指そうと思ったときに、知っておきたい情報をまとめます。

年齢によって求められるものが変わる

年齢によって求められるものが変わる

20代に入ると、「モデルとして活躍したいけれど……自分にはまだチャンスが残っているのだろうか」と悩む方は多くなります。

華やかな世界で活躍するモデルといえば、「若い男女」を思い浮かべる方も多いのでしょう。20代からモデルを目指して努力を続けたところで……仕事がなければ意味がない!と感じるのも当然のことかもしれません。

しかし、「モデル」という仕事は、クライアントが求めるイメージに合わせて、その世界観を提供する人のことを言います。若い男女に注目が集まりがちですが、実はクライアントが求める「モデル像」は、本当にさまざまなのです。

・年齢
・体型
・雰囲気
・モデルとしての経歴

これらのポイントは、クライアントによって求める条件が大きく変わってきます。具体例を挙げれば、「30代女性に向けたプロモーションをしたい!」と考えている企業にとって、10代のモデルは「若すぎる」存在です。20代後半から30代にかけてのモデルを採用した方が、「等身大の魅力」を消費者の元へと伝えられることでしょう。

同様にシニア向けの製品をアピールしたいときには、やはりシニア世代のモデルを使った方が有利です。

ファッション雑誌一つをとってみても、あらゆる世代に向けた人気雑誌が揃っています。各雑誌で活躍しているのは、「ターゲット層にあたる年代のモデルたち」です。

「若いうちに人気モデルになりたい!」と焦る方は多いですが、実際には、何歳になっても「モデル」として花開くことは可能です。年齢を理由に、自分であきらめてしまうのは実にもったいないことだと言えるでしょう。

モデルオーディションに年齢制限あるのは?

何歳になっても、クライアントから求められる限り、モデルとしての仕事を続けていくことは可能です。素人であっても、一から訓練を積み、デビューすることもできるでしょう。

しかしいざ、モデル事務所のオーディション要綱をチェックしてみると、「年齢制限」が設けられているケースも少なくありません。

年齢制限で多いのは、

・10代まで
・24歳まで

などの条件です。こうした数字を目にすると、「20代になってしまった……」と焦ってしまうのも当然なのかもしれません。

なぜこのような制限があるのかというと、華やかな世界でしっかりと活躍できるモデルとして成長するためには、ある程度の下積み時代が必要だからです。

10代半ばで事務所に所属すれば、芸能スクールでスキルアップを目指せます。レッスンを積み重ねていけば、20代を迎えるころには立派なモデルとして活躍できるかもしれません。また若い頃の方が、柔軟性が高く、あらゆるレッスン内容を柔軟に吸収できるというメリットもあります。

年齢制限を行うモデル事務所では、こうしたメリットを重視しているというわけですね。

とはいえ、全てのモデル事務所が年齢制限を設けているわけではありません。自分の条件に合う芸能オーディションを探してみると良いでしょう。

肌やスタイルに磨きをかけることが大切

肌やスタイルに磨きをかけることが大切

モデルとしてデビューし、幅広い分野で活躍したい!と思うのであれば、「年齢」にとらわれ過ぎる必要はありません。「モデル=若くないと駄目」という固定観念から脱却することで、見えてくるチャンスもあるでしょう。

しかしそれは、あくまでも「年齢」だけに焦点を当てた話。人々の憧れとなる「モデル」でいるためには、実年齢に負けない魅力を身につけることも重要なポイントとなります。

モデルとして活躍している人が、年齢にかかわらず評価されているポイントには、以下のようなものがあります。

・肌の美しさ
・美しいボディライン

どれだけ顔立ちが整っていても、荒れた肌をしているようでは、魅力的なモデルとは言えません。イメージモデルに採用したい!と思うクライアントも少なくなってしまうでしょう。

またモデルは、「洋服を魅力的に見せる」ための仕事をする機会も多いものです。何歳になってもスタイルの良い人は、あらゆるファッションを華麗に着こなせることでしょう。「こんな風に素敵なファッションを楽しみたい!」と、同性代の方々の注目を集めることもできるはずです。

もちろん、20代を超えて、10代と同じピチピチのお肌をキープするのは難しいかもしれません。スタイルの劣化も、徐々に気になってしまうかもしれませんね。こうした努力は、短期間で実を結ぶものではありません。自分にできることを、正しい方法で継続していくことがコツとなります。

受けられる芸能オーディションもたくさんある

受けられる芸能オーディションもたくさんある

20代に入って「モデルになる!」という夢を諦めようとする方もいるかもしれません。しかし実際には、20代であればまだまだ受けられる芸能オーディションも多数あります。

雑誌ごとに募集されている「読者モデル」のオーディションを受けるのも良いですし、モデル事務所に所属するための芸能オーディションに参加してみるのも良いでしょう。

20代に特にオススメの芸能オーディションは、各芸能事務所が開催しているオーディションです。モデルに強い芸能事務所であれば、さまざまな業界に対して太いパイプを持っていますから、20代からのモデルにとっても活躍の場が多くあるでしょう。

オーディションに合格し、芸能事務所に所属すれば、モデルとして必要な知識や技術を、芸能スクールのレッスンで身につけられるというメリットもあります。モデルとしての第一歩を踏み出せたんだ!という実感も抱けるでしょう。

モデルに年齢はそれほど関係ありませんが、芸能事務所オーディションに限って言えば、「若い方が有利」という側面もあります。年齢制限に囚われず、さまざまな芸能事務所のオーディションに挑戦できるということもありますし、オーディションに落ちたとしても、前向きな気持ちで次のチャンスへと進んでいけるからです。

とはいえ20代という年代は、モデル業界にとって「まだまだ若い部類」だと言えるでしょう。事務所オーディションであっても、20代であれば受けられる種類も多いはずです。「今さら頑張ってもどうしようもない……」なんて諦めずに、まずは一歩踏み出してみてくださいね。チャンスが巡ってくるかもしれません。

20代からでもモデルは目指せる

20代になってからモデルを目指すのは、決して不可能なことではありませんし、ましてや「遅すぎる」ということもありませんから、まずは安心してください。自分自身が本当に「なりたい!」と思うのであれば、具体的な努力を開始しましょう。

大切なのは年齢ではなく、モデルとして、周囲の人の注目を惹きつけられる存在であることです。肌の美しさやスタイルの良さは、モデルとしても重要な素質です。年齢を重ねるごとに、自分自身の努力が重要になる要素でもありますから、早めに意識するのがオススメです。

最後はやはり、勇気をもってオーディションに挑戦することが大切です。現在、人気モデルとして活躍している方でも、「オーディションに落ちる」という経験は身近なもの。一度や二度駄目だったからといって、簡単にあきらめる必要はありません。

オーディションのコツをつかめば見えてくるものもありますし、何度も挑戦することで、合格も見えてくるでしょう。

20代であれば、まだまだ受けられるオーディションの種類も豊富で、自身の目的や目標に合わせて「選ぶ」こともできるでしょう。この時期ならではのチャンスを、どうか見逃さないでくださいね。今の努力が、華やかな未来へとつながるのかもしれませんよ。

TOPへ戻る

芸能オーディション 比較ランキング

タレントになる方法

【ジャンル別】芸能人になるためには

【年齢別】芸能人になるためには

芸能オーディション対策

テアトルアカデミーのオーディション

芸能オーディション情報 比較ランキング!