芸能オーディションに向けた志望動機を作るコツ

芸能オーディションに向けた志望動機を作るコツ

芸能オーディション合格を目指すのであれば、第一関門となる一次審査を通過しなければなりません。そんな一次審査を通過には応募者の志望動機が重要になると言われています。しかし、目指している芸能人になりたいという熱意を文章に表すのは難しいもの。

そこで、この記事では芸能オーディションに向けた志望動機を作るコツについてご紹介していきます。志望動機は履歴書を作成する中で一番頭を悩ませる部分でもあるので、上手く文章にできないという方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

そもそも志望動機には何を書けばいいの?

そもそも志望動機には何を書けばいいの?

いざ志望動機を書こうと思ったとき、「どんなことを書けば良いんだろう…」と考え込んでしまう方は多いのではないでしょうか?志望動機にはあなたが数あるオーディションの中からその芸能事務所、または養成所を選んだ理由を審査員に伝える項目です。

しかし、実際に寄せられる履歴書の志望動機には、ただ自分をアピールしているだけの文相になっている方が多い傾向があるようです。そして、志望動機が自己PRになっている人の多くは落選してしまい二次審査に進めない方が多いと言われています。

また、「女優の〇〇さんに憧れて~」「そちらの芸能事務所に魅力を感じたから~」といった文章は、確かに志望動機ではありますが内容が薄く審査員の目を引くことができません。つまり、志望動機には審査員の目を引くような、心に響くような文章を書くことが一次審査の合否に関係してくるのです。

「志望動機」の意味を正しく理解することが大切

「志望動機」の意味を正しく理解することが大切

一次審査で落選している方の多くは、志望動機の意味を正しく理解していない方が多い傾向があります。「動機」とは、芸能オーディションの場合であればそのオーディションに応募したいと思った心理的なきっかけのこと。

「理由」とは、何故オーディションに応募したのか、芸能人になってどのような活動をしたいのかといった目的や意気込みのことです。このように、動機と理由では同じようで全く異なる意味となっているのですが、多くの方は志望動機ではなく志望理由になっているケースが多いです。

志望動機として文章を作るのであれば、応募理由だけではなく数あるオーディションの中からそのオーディションを選んだ心理的なきっかけを加えて文章を作成してみましょう。

志望動機を作る際にやってはいけないこと

志望動機は芸能オーディションの一次審査の合否を決める重要な部分の1つです。そこで、ここでは志望動機を作る際にやってはいけないことをまとめてみました。オーディション合格を目指すのであれば、まずは一次審査合格を目指すことが重要になるので、以下でご紹介する注意点をぜひ参考にしてみてください。

志望動機を空欄のままにしている

一次審査の合否に関わる志望動機を空欄のまま提出すると、当然ですが落選してしまいます。「本当にこんなことする人がいるの?」と驚く方もいると思いますが、実際に空欄のままだったということがあるそうです。

志望動機が書かれていないということは、審査員から見ると「やる気や熱意がない」「適当、いい加減な人」といったマイナスのイメージが強く残ります。そのため、必ず志望動機は記入する必要があります。

勢いの強すぎる文章は審査員に想いが伝わらない

芸能人を目指している方の多くは、「女優として活躍したい」「いずれは芸能のトップに立ちたい」といった大きな夢を書いている方も多いようです。一見すると熱意を伝えているように感じますが、芸能界で活躍し続けることは簡単なことではありません。

そのため、勢いの強すぎる文章は審査員から見ると熱意ではなく妄想の独り歩きとして捉えられてしまうため、本当に熱意を持っていたとしてもその熱意が伝わりません。そのため、熱意を伝えつつも印象良く伝える文章を作ることが大切です。

気持ちだけでその理由がない

志望動機に「〇〇のような芸能人になりたい」「芸能人になって〇〇をしたい」と書いている方は多いですが、そうしたいという気持ちは書かれていても、何故それをしたいのかという理由が書かれていないことが多いようです。

確かに、あなたが芸能人になりたい、芸能人としてどういったことをしたいという気持ちを伝えることは悪いことではありません。ですが、そうしたい理由がなければ審査員にあなたの想いや熱意が伝わらないので、志望動機の文章が気持ちだけにならないよう注意しましょう。

審査員の心に残る志望動機を作るコツ

ここでは、芸能オーディションに応募する際に必要となる志望動機を作るコツについてまとめてみました。志望動機は審査員の心に残るような文章でなければ、一次審査で落選してしまいます。それでは、志望動機を作るコツについて一つひとつ見ていきましょう。

必要な人材であることをアピールする

どんな芸能オーディションでも毎回応募者数はとても多いので、自分が芸能事務所にとっていかに必要な人材であるのかをアピールすることが重要なポイントになります。つまり、あなたがどれほどの想いでこのオーディションに応募したのかという熱意を伝えることが大切です。

オーディション合格後の目標も書く

志望動機にオーディションに合格した後の将来の目標を書くと、審査員から好印象を持ってもらうことができます。目先のオーディション合格だけでなく、実際に芸能人として活動する中でどのような目標を持って活動していくのかなど、目指している目標や成し遂げたい願望がある方は、他の応募者との差別化を図れるので合格率が上がると言われています。

日々努力していることも文章に入れる

俳優や女優を目指している方は専門のスクールや養成所で演技の勉強をしている、モデルを目指している人はスポーツジムに通って体系維持をしている。芸能オーディションに応募する方の中には、このような努力を日々行っている方は多いでしょう。

そして、こうした日々の努力は審査員が合否を決めるために聞いておきたい内容でもあると言われています。あなた自身が「特に伝えることではないかも…」と思っていることが、審査員からすると好印象を持たれることもあるので、これまでに経験したことや努力をしてきたことがあれば志望動機の場でアピールしておきましょう。

自分の想いをしっかりとアピールすることが大事!

芸能オーディション向けの志望動機では、芸能人になりたい理由や実際に芸能活動をする中でどのような目標を持っているのかなど、あなた自身の想いを審査員に向けてしっかりとアピールすることが大切です。

しかし、ただ自分をアピールするだけでは内容の薄い志望動機になってしまうため、一次審査に落選する方もいます。そのような結果にならないためにも、ぜひこの記事を参考にして審査員の心に響く文章を作ってみてください。

TOPへ戻る

芸能オーディション 比較ランキング

タレントになる方法

【ジャンル別】芸能人になるためには

【年齢別】芸能人になるためには

芸能オーディション対策

テアトルアカデミーのオーディション

芸能オーディション情報 比較ランキング!