芸能オーディションの書類審査の合格率と重要度は?

芸能オーディションの書類審査の合格率と重要度は?

「女優になりたい」「歌手になりたい」「声優になりたい」など、芸能界を目指している方は多いと言われています。実際に開催されているオーディションには毎回大勢の方から応募が集まり、オーディションが行われています。

そんなオーディションですが、基本的に書類審査が行われ通過した人はオーディション会場で面接を行うという流れになっています。そのため、合格を掴み取るにはまず書類審査に合格しなければなりません。

この記事では、芸能オーディションの書類審査の合格率ついてご紹介していきます。また、書類審査を行う必要がなぜあるのか、その重要性についてもご紹介しているので、オーディションに応募を検討されている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

書類審査を行う理由と重要性とは?

書類審査を行う理由と重要性とは?

書類審査や面接はいずれにしても審査員によって行われます。そのため、人によっては「どちらも一度に行えば良いのでは?」と考える方も多いのではないでしょうか?しかし、書類審査は面接前に行う理由と重要性があると言われています。

そこで、ここでは書類審査を行う具体的な理由と重要性についてご紹介していきます。オーディションで行われる書類審査に疑問を持っている方は、以下でご紹介する内容を参考にしてみてください。

正確な応募者数を測るために書類審査が行われる

オーディションで行う面接は専用の会場を借りて行われているので、応募者数に合わせた会場を用意するためにも正確な人数を把握する必要があります。また、用意する会場の規模によってかかる費用や時間などが異なるため、オーディションを開催する度に計画を立てスケジュール通りに行われています。

ここまでの内容であれば、書類審査を行わずとも直接面接会場でオーディションを行えば良いと考えられますが、実際にはそう簡単に計画通りには進まない可能性があります。というのも、応募者数に応じて会場を準備しているのに、実際に来場した人数が応募者数よりも少なかった場合、無駄な会場費が発生してしまいます。

こうしたケースは実在するため、開催されるオーディションによっては参加費が必要な場合もあります。ですが、最近では参加費無料のオーディションも多数開催されています。それは、事前に書類審査を行うことで正確な応募者を測り、必要範囲内の費用で会場の準備を行うことができるからです。

オーディションに応募する方の多くは本気で芸能界で活躍したいと考えている方は多いですが、中には「ちょっとだけ興味があるから」「何となく応募してみた」という方も少なくありません。そのような熱意の無い人を省きやる気に満ち溢れた応募者を集めるためにも、オーディションでは書類審査が行われています。

書類選考は応募者を知る重要な審査

書類選考では応募時に送られた履歴書によって行われます。履歴書には応募者の個人情報だけでなく、どのような思いを持って応募したのか、どのような人物なのかという情報が記された重要書類です。

例えば、志望動機や自己PRの項目から熱意が感じられない場合、面接を行っても不合格になる可能性が高いです。他にも、履歴書の書き方からある程度の人物像が浮かぶので、書類審査で合否を決めることで意味のある面接を行うことができます。

また、履歴書に書かれた情報から芸能事務所が求めている人材を見つけることができます。審査員が興味を持つ特技や趣味、または資格や免許を持っている人であれば、実際に面接を行って魅力があれば採用を考えているようです。

ネット上では「書類審査は誰でも簡単に合格できる」という意見が上がっていますが、実際には書類審査の時点でしっかりと厳選されているので、安易な考えや気持ちで応募すると書類選考に落選してしまうことの方が多いです。

書類審査の合格率はどれくらい?

書類審査の合格率はどれくらい?

芸能オーディションで行われる書類審査は、誰でも簡単に合格できるものではないとご紹介しました。そこで、オーディションで行われる書類審査の合格率について調べてみたところ、開催する芸能事務所やオーディションの規模によって異なるため、正確な合格率は不明でした。

というのも、オーディションを開催する芸能事務所が書類審査よりも面接を重視している場合、合格率は高くなります。一方、応募者数が多く大規模なオーディションの場合は、応募者全員を面接するには膨大なコストがかかるので、書類審査の合格率は低くなります。

ちなみに、大手芸能事務所が開催するオーディションの場合、応募者数が数百人を超えるため書類審査の合格率は10%ほどだと言われています。また、芸能事務所ではなく芸能人を育成する養成所の場合でも、書類審査の合格率は25%ほど、高くても50%だと言われています。

応募する芸能オーディションによって合格率は異なりますが、開催元が芸能事務所であれば合格率は低く、養成所でも合格率は高いとは言えないのかもしれません。

書類審査に合格できない理由は履歴書にある

この記事を読んでいる方の中には、これまでに多数のオーディションに応募したけど書類審査で落選しているという方はいませんか?そのような方は、応募時に送っている履歴書の書き方に問題があるかもしれません。

正しい履歴書の基本的な書き方は、読み手にしっかりと伝わるようにわかりやすく丁寧に記載すること。癖のある文字や雑な文字は読みづらく内容が伝わりにくいですし印象が悪くなります。

また、書類審査を通過しやすくするには、あなたという人物をしっかりと伝えることがポイントです。趣味や特技はどんな些細なことやありきたりなことでも記載し、何かしらの資格を持っているのであれば芸能活動に関係がなくても必ず書いておきましょう。

そして、自己PRではあなたが芸能界で活躍したいという熱意が伝わる内容を書きましょう。ここで注意が必要なのは、伝えたいことを完結にまとめて書くことです。思いが強いほど伝えたいことが多くなり長文になりがちなので、文章が長くなりすぎない程度にまとめてあなたの思いを伝えてください。

書類審査を甘く見てはいけない!

芸能オーディションの書類審査にはご紹介したような意味があって行われています。そのため、誰でも合格できる訳ではないので、書類審査を甘く見ていると落選してしまうかもしれません。

また、書類審査では応募者がどのような人物なのかを知るための重要書類でもあります。この記事では、なかなか書類審査に通過できない理由と通過しやすいポイントもご紹介しているので、ぜひ参考にして書類審査に応募してみてください。

TOPへ戻る

芸能オーディション 比較ランキング

タレントになる方法

【ジャンル別】芸能人になるためには

【年齢別】芸能人になるためには

芸能オーディション対策

テアトルアカデミーのオーディション

芸能オーディション情報 比較ランキング!