芸能オーディションを通過しやすい履歴書の書き方

芸能オーディションを通過しやすい履歴書の書き方

芸能界に興味を持っている方、または芸能人を目指している方は、これからオーディションに応募しようと考えていることでしょう。そんな芸能オーディションでは必ず書類選考が行われるため、応募の際には履歴書が必須です。

しかし、履歴書の書き方が雑だったりイマイチな内容だったりすると、オーディションに通過することができません。そのため、本気で芸能界で活躍することを考えているのであれば、オーディションに通過できる履歴書の書き方を知っておく必要があります。

そこで、この記事では芸能オーディションを通過しやすい履歴書の書き方についてご紹介していきます。初めてオーディションに応募する方はもちろん、応募経験はあるけどなかなか通過できないという方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

履歴書はオーディション用を使う

履歴書はオーディション用を使う

芸能オーディションでは一次審査に書類選考が行われ、二次審査で面接を行うという流れが一般的だと言われています。そして、各芸能事務所ではホームページ内の専用フォームに応募用紙が用意されていることがあります。

しかし、芸能事務所によってはWeb応募のみだったり応募用紙が用意されていなかったりすることもあるので、このような場合には履歴書を指定の宛先に郵送することになります。使用する履歴書に関しては一般的に販売されている履歴書でも問題ありませんが、オーディション用の履歴書を使用することをおすすめします。

また、通常の履歴書であれば事務用品店やコンビニエンスストアなどで販売されていますが、オーディション用の履歴書を販売している店舗は少ないようです。そのため、簡単に入手するのであればAmazonや楽天市場などの通販サイトで購入すると良いでしょう。

プロフィール欄は正しい情報を丁寧に記入する

プロフィール欄は正しい情報を丁寧に記入する

履歴書の中身は大きく分けて「プロフィール」「自己PR」の項目に分かれています。ここでは、まずプロフィール欄の書き方についてまとめてみました。オーディションを通過しやすくするには、正しい情報を丁寧に記入することが重要なポイントになります。以下では、この重要なポイントについて詳しくご紹介していきます。

誰が見てもハッキリと読み取れる文字で書く

基本的なことにはなりますが、履歴書を書く際には誰が見てもハッキリと読み取ることができる文字で書くことが大切です。特に、住所の番地や電話番号などを記入する際には、数字の書き方に注意しましょう。

文字が雑だったり小さな文字だったりすると、審査員が読み間違えをして合否の連絡が届かないということがあります。せっかく一次審査を通過したのに文字の書き方が原因で落選する可能性があるので、正しく丁寧な文字で記入することを心がけましょう。

不安な方は記入後に家族な友人に見てもらい、正しく読み取れるのかを聞いてみると良いかもしれませんね!

身長や体重はウソを書かない

芸能オーディションに応募する際の履歴書には、身長や体重を記入する項目がありますが、必ず正確な数字を書きましょう。身長や体重は他人に知られたくない数字なので、中にはウソの数字を記入して応募される方がいるようです。

しかし、この情報がウソだったと審査員にバレてしまうと悪印象になり落選してしまいます。また、場合によってはスリーサイズの記載も必要なときがありますが、同様に正確な数字を記入しましょう。

芸歴がある人は作品名・役名を書く

履歴書には学歴や職歴を記入する項目がありますが、オーディション用の履歴書には芸歴の項目があります。おそらくですが、ほとんどの方は芸歴の項目になしと記入すると思いますが、もしも何かしらの作品に出演経験がある方は、その作品名や役名などの詳細をしっかりと書いておきましょう。

また、作品の出演経験はないけどレッスンを受けた経験があるという方は、その詳細に付いても記入しておきましょう。

資格や免許は芸能活動に関係なくても記入する

オーディションに応募される方の中には、何かしらの資格や免許を持っている方もいるでしょう。もし資格や免許を取得している方は、芸能活動に関係のないものであっても全て記入しておきましょう。

というのも、芸能界では自分では思いもしないものを活かすことができるので、あまり人が持っていない、または珍しい資格や免許を持っている人は審査員の印象に残りやすいです。場合によっては合格に繋がる重要な要素になる可能性があるので、自分が取得している資格や免許はしっかりと書きましょう。

自己PRの欄は完結に詳しく書くことが大事

書類選考で最も重視される内容はプロフィールだけでなく自己PRの項目だと言われています。どれほどの熱意を持っている人なのか、どのような人物なのかを審査員に伝える重要な要素。

自己PRの内容次第で一次審査の合否が決まるかもしれないので、履歴書を書く中で最も力を入れるべき部分だと言えるでしょう。ここでは、オーディションで採用されやすい自己PRの書き方についてまとめてみました。

志望動機は一度自分の気持ちを整理してから書く

オーディションの志望動機は人それぞれだとは思いますが、誰もが熱意をもって応募していることでしょう。しかし、志望動機の欄に「女優になりたい」「芸能界で活躍したい」といったシンプルな内容だと、審査員にはあなたの熱意が伝わりにくいです。

そのため、芸能活動で自分が目指している目標、数あるオーディションの中で応募した芸能事務所を選んだ理由などを書く必要があります。ですが、気持ちがまとまっていない状態では記載する文章もまとまらないので、一度自分の気持ちを整理してから書き始めましょう。

特技や趣味はどんなことでも必ず書くこと

履歴書の特技や趣味に記載した内容は、審査員が応募者の趣味嗜好を知るための重要な項目になります。そのため、特技や趣味の項目にはどんなことでも良いので必ず記入するようにしましょう。

また、人によっては他の人ができない特技を持っている、一風変わった趣味を持っているという方もいるでしょう。そのような場合は恥ずかしがらずに特技や趣味の詳細を記載すると、審査員の印象に残りやすいですし合格率アップに繋がる可能性があるでしょう。

自己アピールは長文になりすぎないように注意する

自己アピールの項目は熱意の高い人ほど長文になりがちですが、あまりにも長い文章は読みづらく伝えたいことが伝わりにくくなってしまいます。そのため、自己アピールの項目にはあなたの魅力を最大限に伝えることも大切ですが、長文にならないよう完結にまとめることが採用されやすいポイントになります。

一次審査の通過は履歴書の書き方で決まる

芸能オーディションの一次審査は比較的に通過しやすい傾向がありますが、履歴書の書き方に問題がある場合には書類選考で落選してしまいます。それだけ履歴書は重要な書類になるので、オーディションに通過するためには正しい書き方を知っておくことが大切です。この記事では芸能オーディションに通過しやすい履歴書の書き方をご紹介しているので、これから応募される方はぜひ参考にして、審査員の目に留まるような履歴書を書いてみてください。

TOPへ戻る

芸能オーディション 比較ランキング

タレントになる方法

夢をカタチにする芸能オーディションの選び方

芸能オーディション情報 比較ランキング!