芸能オーディションでよく聞かれる質問とは

芸能界でキラキラと輝ける人材になりたい!という夢をかなえるための第一歩は、芸能オーディションに合格することです。最初は勇気が要りますが、オーディションは、自分を見てもらえる貴重な場所。ぜひ積極的に活用して、自身の魅力や才能を試していきたいところです。

まだ芸能オーディションに参加したことがない……という方にとって、「オーディションでは、具体的にどのようなことが行われているのか」が気になるところです。

そこで今回は、「芸能オーディションにおいて、応募者に対してよく向けられる質問」について紹介していきます。答え方のコツも、ぜひ参考にしてみてください。

質問に対して、事前に準備しておくことは、とても重要

質問に対して、事前に準備しておくことは、とても重要

オーディションは、芸能事務所の方が、今後活躍できそうな「原石」を探すための格好の場所です。人気のある芸能オーディションになれば、毎回多くの志望者が集まるもの。主催者側は、こうした多くの人々の中で「どこかしら輝くポイントを持っている人」を探しているのです。

とはいえ、多くの人が参加するオーディションだからこそ、「一人当たりにじっくりと時間をかける」ということは難しいもの。参加者にとっては「限られた時間の中で、いかに効率よく自分のことをアピールできるのか」が勝負となります。

芸能オーディションのほとんどは、書類審査からスタートします。ここを無事に突破できたら、次は面接で実際に会って話すことになります。ここで重視されるのは「実際に会ってみた感想」や「質問への回答力」です。

オーディションの面接においては、担当者からさまざまな質問を投げかけられる可能性も高いです。ここで審査員がチェックしているのは、以下のようなポイントです。

  • ・質問を振られたときに、しっかりと受け答えできるかどうか
  • ・社会的な常識は備わっているかどうか
  • ・ある程度型が決まった質問の中で、どれだけ自分の魅力をアピールできるのか
  • ・突発的な質問に対しても、柔軟に対応できるかどうか
  • ・度胸があるかどうか

人間にはそれぞれ、「個性」があるものです。オーディションの面接が得意な方もいれば、不得意という方もいるでしょう。しかし「不得意」だからといって、何か救済措置が取られるわけではありません。オーディションで魅力をうまく伝えられないまま、チャンスが終了してしまう可能性も高いのです。

ただでさえ緊張する芸能オーディションの場で、想定外の質問をされてしまったとき、冷静に自分の魅力を発揮できる方は少ないでしょう。

だからこそ、大切なのは以下の二点です。

  • ・芸能オーディションで想定される質問内容を、事前に把握しておくこと
  • ・それに対する自分なりの答えを魅力的に伝えるため、練習を重ねておくこと

芸能オーディションで志望者に対して向けられる質問には、ある程度の基本があります。この基本を押さえておくだけでも、落ち着いて対処できる場面が増えるはずです。

ただ単に「質問に対する答えを伝える」だけではなく、「質問への回答を通じて、自分自身の魅力を伝える」という余裕も生まれてきそうですね。

面接官から向けられやすい質問内容と、回答のコツ

面接官から向けられやすい質問内容と、回答のコツ

では実際に、芸能オーディションではどのような質問を向けられがちなのでしょうか。一般的な質問内容と、回答のコツをまとめます。ぜひ参考にしてみてください。

★あなたの氏名は?

面接官の手元には、必要な書類がそろっていますから、本当に「名前」を知りたいわけではありません。声の調子や、話すときの雰囲気をチェックされていると考えて良いでしょう。落ち着いてはっきりと、自身の名前や生年月日、学年や出身地などを伝えてください。

★趣味や特技はなんですか?

こちらは、応募してきた人がどんな人なのかを確認するための質問となります。もっともNGな答えは「特にない」というものです。何でも良いですから、趣味や特技として語れるポイントを探しておきましょう。

★オーディションを受けた動機はなんですか?

こちらも「なんとなく」と答えるのは辞めましょう。なぜそのオーディションを選んだのか、自分なりの判断基準があったはずです。やる気のアピールにもつながりますから、オーディションへの思いを率直に伝えてみてください。

★これまでにオーディションを受けたことはありますか?

オーディションという場所では、やはり「オーディション関連の話題」も多くなりがちです。これまでのオーディション参加経験を聞かれることもあります。「ない」場合でも「ある」場合でも、正直に伝えればOKです。参加経験と絡めて、今オーディションへの意気込みを伝えられるとベストです。

★憧れの芸能人は誰ですか?

どんな芸能人に憧れを抱いているのかを聞けば、応募者がどんな思いで芸能界を目指しているのか、見えやすくなります。答える芸能人は誰でも構いませんが、なぜ憧れているのか理由を丁寧に説明しましょう。本気の思いが伝われば、「ほかの参加者とは違う」と感じてもらえる可能性も高まるでしょう。

★芸能界に入って、一番何がしたいですか?

オーディションに合格したあとのことを、どう考えているのか知るための質問です。仕事に関することなら、自分の気持ちを素直に伝えてOKです。ただし、自信がなさそうな印象では逆効果になってしまいます。相手の目をしっかりと見ながら、にこやかに、そしてはっきりと自分の思いを伝えてみてください。

面接官からの質問に対して、「こんなこと、言っても良いのかな?」なんて、戸惑うこともあるかもしれません。しかしそれが自分自身の本音であれば、伝えてみた方が良いでしょう。

自分自身の素直な気持ちを伝える際には、言葉や声に、説得力がにじみます。そうしたポイントを、「応募者の魅力」と捉えてくれる事務所関係者も少なくありません。

芸能オーディションでは、さまざまな質問を受けることになります。いくつもの質問の中で、もっとも重要なのは「あなたの特技はなんですか?」というものです。

相手の特技を知るということは、相手の魅力や個性を知るということでもあります。芸能オーディションにおいては、一番強くアピールしたいポイントだと言えるでしょう。

オーディション会場でも特技をアピールできるよう、事前に準備を整えておくのもオススメです。「特にありません」と答えた人よりも、100倍印象に残りやすくなるでしょう。

「でも特技なんて……自分にはない」と謙遜する必要はありません。「他の人よりも少しできる」程度でも大丈夫ですから、ぜひ自信を持ってアピールしてみてください。「会場で審査員に伝えるためにはどうすれば良いのか」についても考えておくと、より有利になれます。

特技に関する質問は、オーディション参加者の個性や魅力を図るための質問ですから、「まず間違いなくある」と考えて良いでしょう。

しかし中には、こうした質問をされないようなケースもあるかもしれません。この場合でも、簡単にあきらめるのはオススメできません。その他の質問の答えと絡ませて、ぜひ「自分自身」をアピールしてみてくださいね。

よくある質問への回答は、自分なりに準備をしておこう

よくある質問への回答は、自分なりに準備をしておこう

芸能オーディションに参加しても、「一次は通っても二次で落ちる!」なんて語る方は決して少なくありません。書類では十分に魅力を伝えられている一方で、「実際に会ったときの感触に、何か物足りないポイントがある」と考えれば良いでしょう。ぜひ「面接において、自分自身の魅力をより強く打ち出す」ということを意識してみてください。

とはいえ実際には、自分に与えられるチャンスの時間はごくわずかです。実技を見せるタイミングはもちろんのこと、面接で相手の質問に答える瞬間にも、気を配っていきましょう。

想定される質問については、事前に回答を用意しておくと、面接時にも堂々と答えられます。ほんの少し趣の異なる質問が飛んできたとしても、その他の回答をアレンジして、自分自身の考えを伝えられるようになるでしょう。質疑応答の仕方が、合否の境目になるかもしれない!ということをしっかりと頭に入れた上で、合格のための事前準備をコツコツと整えてみてください。

TOPへ戻る

芸能オーディション 比較ランキング

タレントになる方法

【ジャンル別】芸能人になるためには

【年齢別】芸能人になるためには

芸能オーディション対策

テアトルアカデミーのオーディション

芸能オーディション情報 比較ランキング!