芸能オーディションを受ける際の服装の選び方

芸能オーディションを受ける際には、「絶対に受かりたい!」という強い気持ちで挑む方も多いことでしょう。「今回は様子見」という場合でも、「自分にできることは頑張って、良い結果に結び付いたら……」と考えるのは、ごく当然のことだと言えます。

芸能オーディションにおいては、限られた時間の中で自分の魅力を最大限アピールすることが求められます。そのためには、当日のファッションも、重要なポイントの一つと言って良いでしょう。

芸能オーディションに参加する際には、具体的にどのような服装を選ぶのがベストなのでしょうか。「自分にできることはなんでも頑張りたい!」と思う方に向けて、オススメファッションの特徴をまとめます。

正しい服装の選び方は、オーディションの目的に合わせること

正しい服装の選び方は、オーディションの目的に合わせること

芸能事務所に所属したり、芸能スクールで学んだりすることは、自身の将来のために非常に良いきっかけとなるでしょう。この最初の一歩をきっかけにして、自分の夢が叶うかもしれない!と思うと、自然とオーディションにも熱が入りますよね。

どこにどう気合いを入れるのかには個人差がありますが、服装選びもオーディション突破のためのポイントの一つ。正しい服装を選んで、自身の魅力を最大限伝えられるよう、工夫しましょう。

ここで悩んでしまうのが、「いったいどんな洋服を選べば正解なのか」ということです。洋服はそれぞれの個性を表現するものでもありますが、「その場の雰囲気に合わせたスタイルをチョイスすること」も非常に重要なポイントとなります。オーディションにはそれぞれのカラーがありますから、それに合わせたテイストで参加するのがオススメです。

たとえばダンスをアピールしたい芸能オーディションで、ヒラヒラとした動きにくい服装をチョイスしても、自身の魅力を最大限伝えることは難しくなってしまいます。

モデル事務所への所属を目指しているにも関わらず、あまりにもファッションセンスがない場合、やはり厳しい結果につながりやすくなるでしょう。

どんなオーディションでも好感を抱かれやすいのが、比較的シンプルで清楚系の装いです。服装のイメージに引っ張られることもなく、応募者自身の魅力やイメージを、ダイレクトに相手側に届けることができるでしょう。

  • ・シャツとパンツ、ジャケット
  • ・シャツとスカート
  • ・学生さんの場合は制服

これらの装いは、たとえ誰の前に立っても、相手を不快にさせることはありません。

とはいえ、やはりオーディションは、「自身の魅力を効果的に伝えるべき場所」です。「とにかく何でも良いから、その辺にある物を」という意識ではなく、シンプルで清楚な中にも、自身の魅力を伝えやすいアイテムを選択するのがオススメです。

特にシャツやパンツ、スカートといったシンプルなアイテムは、質感や形がほんの少し違うだけでも、全体の印象がガラリと変わってしまうもの。自分に似合うアイテムを選択してみてくださいね。

身だしなみはきちんと整えよう

身だしなみはきちんと整えよう

どのような洋服を選ぶ場合でも、重要なのは清潔感です。清潔感を抱ける装いであるかどうかは、その人の印象に大きく関わるポイントでもあります。

たとえば、オーディションという公の場所に、しわだらけ・シミだらけのシャツで現れた人に対して、「きちんとしている」という印象を持つことは難しくなってしまうでしょう。

芸能事務所に所属したり、芸能スクールに通ったりするということは、事務所やスクールの責任において、デビューを目指して努力していくことになります。きちんと努力を継続していくためには、大人としての責任感が求められますし、一つ一つのタスクを確実にこなしていく必要もあるでしょう。

身だしなみが崩れている人は、以下のようなマイナスイメージを抱かれてしまう可能性も高いのです。

  • ・周囲の目を気にしない
  • ・周囲の目を気にしない
  • ・大人としての責任感がない

きちんとした格好を心掛けることは、これらのマイナスイメージを防ぐことにもつながります。自分が身につけているファッションが、自身の足を引っ張ることがないよう、注意しましょう。

またオーディションの趣旨にそぐわない、派手過ぎるファッションや個性の強すぎるファッションも、自身の魅力度をダウンさせる原因になりかねません。またアクセサリーをごちゃごちゃとつけすぎるのも、禁物です。

過度な飾り付けが原因で、その人自身の魅力が伝わりづらくなってしまっているとしたら、審査員から「いったいこの人は、オーディションに何をしにきたのだろう」と思われてしまう可能性もあります。

「せっかくのオーディションだから、ファッションも含めて、自分の個性をしっかりと伝えたい!」と思う気持ちもわかりますが、本当に魅力的で輝いている人は、みんなと同じ地味な服装をしていても、どこか周囲に与えるインパクトが違います。洋服に頼るのではなく、内側から発せられる、内面的な個性をアピールするのがオススメです。

もちろんそのためには、自分の見せ方や話し方、表現の仕方など、ファッション以外の項目において、より一層自分の魅力を高めていく必要があるでしょう。こうしたところも、オーディションを通じて自分を成長させるきっかけになるはずです。

オーディションの服装は、カラーリングも意識して

オーディションの服装は、カラーリングも意識して

オーディションに参加する際の洋服選びで、もう一つ意識したいポイントが「色」です。どんな色のアイテムを選ぶのかによって、自分自身の印象をコントロールすることができます。

同じ「シャツ」であっても、白いシャツを選ぶのか、それとも赤いシャツを選ぶのかによって、印象はかなり変わってきます。芸能オーディションでどんなイメージを伝えたいのかを明確にしたら、それに合うカラーを効果的に取り入れるのも良いでしょう。

  • 赤……情熱ややる気をアピールしたいとき
  • 青……冷静で知的な印象をアピールしたいとき
  • 白……清楚さや清潔さをアピールしたいとき
  • 黄……元気ではつらつとしたイメージをアピールしたいとき

赤や青などの華やかな色合いは、シャツ全体で取り入れてしまうと「派手過ぎる」と判断されてしまう可能性も。服のイメージにひっぱられて、自身の魅力を伝えにくくなってしまいます。

インパクトが強いカラーなので、ポイントで取り入れるだけでも印象がガラリと変わることがあります。なりたいイメージに合わせて、小物で取り入れてみるのも良いでしょう。

またクールさを印象づけたいときにオススメの青ですが、芸能オーディションにおいては「情熱」や「やる気」がきっかけとなり、審査する側の目に留まるケースも少なくありません。知的でクールな雰囲気をアピールできる一方で、「情熱ややる気を感じられない」と判断されてしまう可能性もありますから、使用の際には注意しましょう。

色が周囲に与える影響についても踏まえた上で、ぜひ自分がどのような魅力を伝えたいと思っているのか、ぜひじっくりと考えてみてください。ファッションが、自分自身の魅力を伝えるためのサポートをしてくれることでしょう。

オーディション参加、服装選びで悩んだら

初めてオーディションに参加するときには、「いったいどんな服装で行けば良いのだろう」と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。どんなファッションを選ぶのかによって合格できる可能性が変わってくるとしたら、責任重大ですよね。

オーディションで好まれやすいのは、シンプルで清楚系の服装です。またオーディションの目的に合わせてアイテムを選ぶことも忘れないでください。芸能事務所がオーディションを開催する目的は、魅力的な人材を見つけ出すことです。事務所が求める人材に近いイメージを伝えることができれば、合格の可能性もぐっと高まっていくことでしょう。

何を着ていけばよいのか悩んでしまう……というときには、以下の2つのポイントを避けるだけでも、オーディションにふさわしい服装に近付けることができます。

  • ・清潔感のない服装
  • ・ボロボロの服装

「人前に出る」ということをしっかりと意識して、恥ずかしくない服装を心掛けてみてくださいね。

TOPへ戻る

芸能オーディション 比較ランキング

タレントになる方法

【ジャンル別】芸能人になるためには

【年齢別】芸能人になるためには

芸能オーディション対策

テアトルアカデミーのオーディション

芸能オーディション情報 比較ランキング!