芸能界を目指すなら若いほうが有利な理由

華やかな雰囲気の芸能界に憧れる方は、決して少なくありません。芸能界の中にもさまざまな世界が広がっており、多くの方が自身の個性や才能を武器に活躍しています。そんな姿を見て、「自分もあんな風になれたら……」と夢を膨らませる方も多いことでしょう。
とはいえ実際に「芸能界を目指す」となると、不安や悩み、「いったいどうするのが近道なの?」なんて迷いも抱きがち。芸能界を志すルートに、「唯一無二の正解」というものは存在していないからです。
不安な気持ちから一歩踏み出せない方もいるでしょうが、実際には、「芸能界を目指すのであれば、10代や20代など、なるべく若い内が有利」だと言われています。なぜそのように言われているのか、理由について解説していきます。

若いほうがチャンスは多い

若いほうがチャンスは多い

芸能界に飛び込んで自分の力を試してみたい!と思ったときには、まず「この人を使ってみたい」と思われる必要があります。芸能界にも「ドラマ」や「歌」「モデル」や「バラエティ」などさまざまな世界がありますが、そのどれもが、選りすぐりの人材で作られていると言っても過言ではありません。このような場所で活躍できる人材を見極めるため、開催されるのが各種芸能オーディションです。オーディションで自分の能力や個性をアピールし、作り手の目に留まった方のみが活躍できるというわけですね。年齢が若ければ、その分オーディションに参加する機会は多くなります。社会人として仕事をしながらオーディションに挑むことは、正直過酷。アルバイトや学生であれば、そのあたりの融通もつけやすいと言えるでしょう。
また、芸能人として活躍するためには「必ずオーディションに突破しなければならない」というわけではありません。活躍分野によっては、所属する事務所からプッシュされて大規模に売り出される、なんてケースもあるでしょう。

しかしこの場合も、

・芸能事務所が適切な人材を見極める時間
・各分野で活躍できるよう、芸能スクールなどのレッスンで成長させる時間

を考慮する必要があります。芸能事務所としては、これらの時間を見越して「この人なら!」と思える人材を発掘することになりますから、やはり年齢が若い方が有利と言えます。
現在売れている芸能人の中にも、「若い頃はたくさん苦労して、オーディションを受け続けた……」なんて思い出話を語る方も少なくありません。芸能界で成功するということは、それだけ難しいことなのでしょう。もしも本気で芸能界を目指したい!と思っているのであれば、不安や迷いにとらわれて、ただ足踏みしているのはもったいないこと。そうこうしている間に、受けられるオーディションのチャンスを一つ逃してしまっているのかもしれません。

ぜひ積極的に、芸能オーディションの情報収集からスタートしてみましょう。

年齢を重ねると選択肢が狭まる

年齢を重ねると選択肢が狭まる

芸能界で活躍している方々をチェックしてみると、必ずしも「若い」とは限りません。中年期以降でも素敵に輝く方も多いですし、「新人」としてデビューしてくる方もいますよね。とはいえ、若い世代以外の「新人」は非常に珍しい世界でもあります。芸能界で活躍する中年期以降の方々は、若い時期からこの世界で経験を積み、実績を重ねてきた方々なのです。
例えば「俳優業」を例に挙げたとき、フレッシュな魅力を放つ「若手」は、芸能オーディションで決定されるケースも多いもの。一方で、作品全体に重厚感を与えるような「中年期以降の役柄」については、これまでの経験をもとに決定されることが多いです。作品全体の質を高めるために、この層は非常に重要なもの。「オーディションでよくわからない新人を入れるのは、リスクが高い」と判断されてしまうのですね。こうした事情もあり、芸能オーディションの世界では、ある年代を超えると、参加できるものの数が大幅に減ってしまいます。

どの年齢を対象とするのかは、芸能オーディションによっても異なりますが、以下のような例が一般的です。

・20歳まで
・15歳から22歳まで
・10代から30代前後
・だいたい20代まで
・年齢制限なし

年齢制限から1~2歳程度はみ出していても、その人にそれ以上の魅力があれば、オーディションに合格するようなケースもあります。しかし一方で、年齢制限を設けているオーディションでは、「求める人材」に近い人を探しだすために制限を記しているケースも少なくありません。年齢制限がある芸能オーディションに、年齢を無視して無理矢理参加したとしても、合格できる可能性は極めて低くなってしまう……というわけですね。

芸能界を見てみると、「若い頃に歌手としてデビューしていた女性が、現在は女優として活躍している!」なんて例も珍しくありません。これも、若い時期から芸能界に所属していたからこそ、広がった道だと言えるでしょう。

芸能界に憧れの気持ちを抱きつつも一歩踏み出せない状態のまま、年齢だけを重ねてしまうと、こうした意味でも選択肢はどんどん狭まってしまいます。若い時期に積極的に行動することが重要なポイントとなります。

早く行動することでチャンスをつかもう

早く行動することでチャンスをつかもう

芸能界を目指すのであれば、なるべく早いうちが有利! 芸能界を目指す方の中では、「当たり前」とも言える基礎知識です。とはいえ、これまでに経験がない場合、「いったい何をどう行動すれば芸能界に近付けるのか」と戸惑うこともあるでしょう。

芸能界でデビューするためのルートは、概ね以下の4つとなります。

・オーディションを受ける
・スカウトされる
・知人を通じて芸能事務所に紹介される
・養成所や芸能スクールに入る

芸能人として活躍するための近道は、「芸能事務所に所属する」というものです。これまでの実績から業界内に数々のパイプを持つ芸能事務所。所属するタレントのスケジュール管理やバックアップを行ってくれます。新たなスターを生み出すため、新人であってもチャンスを与えられるケースも少なくありません。芸能事務所に所属するためのルートが「オーディション」「スカウト」「知人の紹介」となるわけですが、一般の人にとってもっとも身近なのが「オーディション」です。決められた様式にのっとって応募し、自身の魅力をアピールすることで、芸能界への道が開けていきます。スカウトされるために努力をするのも良いですが、それよりも自分から積極的にオーディションに挑戦した方が効率的。ぜひ積極的に頑張ってみてください。
芸能界を目指すためのルートの4つ目、「養成所や芸能スクールに入る」というのは、芸能人を目指すための各種基礎知識を教えてくれる施設に入所するという手法となります。近年は「習い事」感覚で入所する方も増えていますが、ここを卒業したからといって即事務所に所属できるわけではありません。自分の実力が認められて初めて事務所に迎え入れられることになりますから、このあたりだけ注意しましょう。

養成所に入って力をつけるのも良いですが、やはりオーディションに参加して、所属先の芸能事務所を見つけることが大切だと言えそうです。

まとめ

何の苦労もなく、とんとん拍子でデビューし、芸能界で成功を収める方はごくわずかです。ほとんどの方は、たくさんのオーディションを経験し、何度もふるいにかけられながら、残ってきています。肉体的にも精神的にも、辛い場面もたくさんあったことでしょう。

「デビューまでの壁」に直面したときでも、若い世代であれば「まだまだ大丈夫!」なんて、抜群の粘り強さを発揮できるのかもしれませんね。そしてその気持ちこそが、デビューを目指す上で最も大切なことなのでしょう。若い時期には、参加できる芸能オーディションの数も多く、非常に恵まれた環境にあると言えます。参加できるオーディションが多いということは、それだけ自分を見てもらえる機会が多いということ。それはすなわち、自分の才能を認めてくれる相手と出会える可能性が高いということです。

芸能界を目指すなら、ただ迷っているだけの時間はもったいないもの。自分の個性と魅力を磨く努力をしつつも、「オーディションで伝える」という作業をスタートしましょう。なかなか合格しなくても大丈夫です。自分が活躍できそうな場所を求めて、ぜひいろいろな芸能オーディションに参加してみてくださいね。

TOPへ戻る

芸能オーディション 比較ランキング

タレントになる方法

【ジャンル別】芸能人になるためには

【年齢別】芸能人になるためには

芸能オーディション対策

テアトルアカデミーのオーディション

芸能オーディション情報 比較ランキング!