俳優は何歳から目指すのが理想なのか

映画やドラマの世界で活躍する「俳優」というお仕事。自分ではない役柄になり切って、見ている人たちを感動させたり驚かせたりする様子に、憧れの気持ちを抱く方も多いのではないでしょうか。

俳優として活躍するためには、実力はもちろん、周囲の人にそれを認めてもらうためのチャンスや運も必要となります。「努力だけではどうにもならないことがある」というのが、俳優業を目指す際の難しいポイントだと言えるでしょう。

出来る限り多くの運をつかむため、やはり大切なのがタイミングです。俳優業を目指すのであれば、具体的に何歳ごろから具体的な行動を開始すると良いのでしょうか。俳優業と年齢について、詳しく解説していきます。

スタートは早ければ早い方が有利

スタートは早ければ早い方が有利

俳優業を目指す際には、さまざまなスキルが必要となります。演技力で周囲の人々を魅了するスキルはもちろんですが、まずは「演技」の前段階において、「この俳優を使ったら面白そうだな」と思わせることができなければ、良い役を得ることは難しくなってしまいます。

俳優を目指す際に身につけておいた方が良いとされるスキルには、以下のようなものがあります。

  • ・演技力
  • ・歌唱力
  • ・ダンス力
  • ・表現力
  • ・自身の強みと弱みを判断できる客観力
  • ・自身の魅力を相手に伝えるコミュニケーション能力
  • ・すぐにめげない克己心
  • ・向上心
  • ・行動力

もちろん、すでにメディアで活躍している俳優の全てが、こうした能力全てに長けているわけではありません。ダンスができない俳優もいれば、コミュニケーションが苦手な俳優もいるでしょう。しかしそのような場合には、「弱み以上の圧倒的な個性」を身につけているケースが多いです。類まれなる才能で、世に認められている、というわけですね。

「俳優になりたいけれど、歌やダンスをしたいわけではないし……」なんて思う気持ちもわかりますが、これらは自分自身の魅力を周囲に伝えるための表現方法の一つです。一つでも多くの手法を身につけておいた方が、より多角的に、自身の魅力を伝えられるようになるでしょう。

さて、このような「俳優を目指す上で必要とされるスキル」を踏まえた上で、「俳優を目指す際に理想的な年齢」について考えてみましょう。実際のところ、俳優業を目指すのであれば、ごく若い時期から行動を開始した方が有利となります。

歌唱力やダンス、演技力やコミュニケーション能力など、俳優にとって必要な能力を、子ども時代のレッスンにて吸収していけるからです。

スポンジのような吸収力を発揮できる幼少期に、これらの能力を身につけられれば、その後の人生において非常に有利なポイントとなってくれるでしょう。またごく若い時期から俳優を目指して頑張ることで、オーディションや挫折に関する経験も豊富になっていきます。「自分自身に負けない心」や「次はどうしたら、より自分の魅力を届けられるのか」といった思考力も、ごく自然に育まれていきます。

30代・40代ならではの強みを活かそう

30代・40代ならではの強みを活かそう

俳優を目指すのであれば、若い時期から動きだすことがもっとも理想的な環境です。しかし映画やドラマ、舞台の世界を覗いてみると、幅広い世代の俳優さんが活躍していることがわかります。

俳優とは、「一つの大きな世界」を作り出すためのコマの一つ。そしてそのコマには、「若い人」「年取った人」「子ども」「人間以外の生物」など、多種多様な役割が求められるのです。

こうした特徴を考えてみると、30代・40代になったからといって、俳優への道が閉ざされてしまうわけではありません。たとえ何歳からであっても、俳優を目指すことは可能だと言えるでしょう。

30代や40代になってから「俳優業を目指したい」と思う方の中には、「若い頃からの夢をあきらめきれない」「その他の業界で人生経験を積んだが、やっぱり俳優として活躍してみたい」など、高いモチベーションを持っている方も、決して少なくありません。俳優を目指して努力を重ねていくためには、この「強い思い」こそが、何よりの武器になるでしょう。

また俳優というお仕事では、「自分以外の何物か」をリアルに演じることが求められます。そのためには、ありとあらゆる表現力が求められるでしょう。

幼い時期からレッスンを積み重ねて、俳優としてのスキルを高めるのも良いですが、リアルにさまざまな人生を歩んできた30代・40代にとっては、これまでの経験こそが俳優としての表現力の糧となります。実際に、現在さまざまな作品で活躍している俳優さんの中には、遅咲きの方も少なくありません。

とはいえ、年齢を重ねれば重ねるほどに、参加できる芸能オーディションの数が減少してしまうのは事実です。特に多くの応募者が集まる人気芸能事務所や人気劇団の場合、年齢制限が設けられていて、「受けたくても受けられない!」なんてことにもなりかねません。

一般的には、20代中頃を迎えると、徐々に受けられるオーディションの数が減少してしまいます。これ以降にオーディションを受けるのであれば、以下のようなタイプを探してみると良いでしょう。

  • ・年齢不問のオーディション
  • ・芸能スクール併設の芸能事務所オーディション

年齢制限を突破できれば、あとは「自分自身の能力」を相手に伝え、判断してもらうことができます。

まずはオーディションに挑戦してみよう

まずはオーディションに挑戦してみよう

20代であっても、30代・40代であっても、俳優になりたい!という気持ちを諦められないときには、まずはオーディションに応募してみましょう。合格した場合はもちろんのこと、不合格の場合でも、自身の運命を自分で切り開くための、第一歩となるはずです。

オーディションでは、さまざまな情報を知ることができます。「俳優になりたい」とただ漠然と思っているだけでは、決して手に入らない「刺激」をもらうことができるでしょう。年齢を重ねれば、ごく幼い子どもたちの方が「多くの経験を重ねてきた先輩」というケースも少なくありません。真摯な姿勢で学ぶことで、自身を成長させていけるはずです。

年齢を重ねてからオーディションに参加することに対して、「気恥ずかしい」「こんな年齢でオーディションに参加するのは、自分だけなのでは……」などと、不安を口にされる方も少なくありません。

しかし、本気で俳優を目指すのであれば「多くの人から注目される場所」を避けて通ることはできません。むしろ「年齢」がきっかけになり、自分自身の中身にまで興味を抱いてくれるのであれば、それは一つのチャンスとして捉えてみてください。

実際には、「若い頃の夢をあきらめきれない」という思いで、30代・40代からオーディションに参加する方は決して少なくありません。「もしかして自分だけなのでは……」などと不安を感じる必要はありませんから、まずは勇気を出して、オーディションに参加してみると良いでしょう。

俳優を目指すなら若い時期が有利。しかし30代・40代でもチャンスはある

今回は、「俳優を目指すなら何歳から行動を開始するのが理想的なのか」という点について、気になるポイントを詳しく解説してきました。もし本気で俳優を目指すのであれば、できるだけ若い時期から行動した方が有利です。高い吸収力を発揮できる時期に、俳優に必要とされる能力を吸収しながら成長していけることでしょう。

年齢が若ければ、その分「この先」も長いということ。オーディション参加回数も自然と増えますし、それはそのまま「多くのチャンスに触れることができる」という意味でもあります。

しかし、理想はあくまでも理想です。子どもの頃に「将来自分がやりたいこと」について、具体的なビジョンを描ける方はごく稀でしょう。ある程度大人になった今だからこそ、「本気で俳優になりたい!」と思える方も多いはずです。このような場合でも、俳優を目指すことは決して夢ではありません。

大切なのは、「まず芸能事務所が開催するオーディションに参加してみる」ということです。20代半ばを超えると、年齢制限に引っかかるケースも増えてきますが、「年齢不問」というオーディションも決して少なくありません。まずは自身が参加できるオーディション情報を集めて、実際に参加してみてください。そこから、夢への第一歩がスタートするのかもしれませんよ。

TOPへ戻る

芸能オーディション 比較ランキング

タレントになる方法

【ジャンル別】芸能人になるためには

【年齢別】芸能人になるためには

芸能オーディション対策

テアトルアカデミーのオーディション

芸能オーディション情報 比較ランキング!