30代からの芸能界デビュー!タレント編

30代になってから、自分の本当の夢に気付く方は決して少なくありません。今とは別の会社で働きたい!と思う方もいれば、結婚して家族を持ちたい!という夢を抱く方もいるでしょう。タレントになって華やかな世界で活躍したい!というのも、30代からの立派な夢の一つです。

とはいえ、その他の夢と比較すると、「年齢的な問題で実現するのは難しいのでは……?」なんて思う方も多いのかもしれません。そこで今回は、30代からでも芸能界デビューし、タレントを目指したい!と思ったときに、知っておくべき情報をまとめます。

30代からでも芸能界デビュー・タレントは目指せる!

30代からでも芸能界デビュー・タレントは目指せる!

30代に入ってから、「テレビなどの華やかな世界で活躍してみたい!」という夢を抱いた方にとって、何よりもまず気になるのが、「30代になってからタレントを目指すことは可能なのか?」という点です。どれだけ夢を語っていても、年齢制限で引っかかるのであれば、努力をしても無駄ということになってしまいます。

とはいえタレントを含め、芸能界で活躍する職種に、明確な年齢制限は存在していません。番組を見る人やコンテンツを楽しむ人にとって求められる存在であれば、30代どころか80代であってもお仕事をすることは可能。年齢という側面で考えると、芸能界のお仕事は非常に幅が広いと言って良いでしょう。

80代と比較すると、30代はまだまだひよっこ。もちろんやり方次第ではありますが、タレントとして芸能事務所に所属したり、徐々にその人気を高めていくことも可能なので、諦めないでください。

30代からのデビュー……大切なのは諦めないこと

30代からのタレントデビュー・芸能界デビューを目指す際に、もっとも重要なのが強い気持ちです。「何が何でもタレントとしてデビューする!」という気持ちこそが、非常に重要な武器となります。

タレントとしてデビューするための道は、年齢によって異なるわけではありません。オーディションに挑戦し、それを突破することが第一となります。オーディションをクリアできたら、タレントとして必要な能力をレッスンで磨いたり、ときには実際のお仕事に挑戦できたりすることもあるでしょう。

ただし30代の場合、20代までと比較して、受けられるオーディションの数が限定されてしまうという特徴があります。なぜなら芸能界には、年齢を重ねた経験豊富な人材はたくさんいるから。10代の頃からモデルとして活躍していた女性が、30代を過ぎて結婚し、ママタレントとしてその地位を確立するような例は星の数ほど存在しています。

つまり、30代から「新人」として芸能界に入り、仕事の椅子をゲットすることは決して簡単ではありません。だからこそ、簡単には諦めない不屈の精神が必要とされます。

「勝つまで頑張る」の根性が身についていれば、30代からでもタレントを目指すことは充分可能です。

タレントに求められる能力とは?

タレントに求められる能力とは?

30代からタレントを目指してオーディションに挑戦する場合、30代にとって有利な戦い方をするのがおすすめです。20代までと同じ戦い方をしていても、年齢以上の価値を伝えるのは難しくなってしまいます。戦い方を変えて、今の自分だからこそできるアピール法を実践してみてください。

おすすめなのは、タレントに必要な能力がすでに身についていることを、わかりやすくアピールすること。ある程度の社会経験を積んできた30代だからこそできるアピール法だと言えるでしょう。

具体的にアピールしたい能力は、以下のとおりです。

コミュニケーション能力

タレントとして活躍していくために、欠かせないのがコミュニケーション能力です。「言いたいことを言っているのに、人を不快にさせない人」や「特別なことは言っていないはずなのに、切り返しが絶妙で面白い人」は、テレビでもイベントでも人気者になれます。こうしたトークの根底にあるのは、高いコミュニケーション能力だと言えるでしょう。

これまでの社会人経験の中で、接客や営業、販売など、人と関わる仕事をしてきたのであれば、こうした経験の中で学んだコミュニケーション能力をぜひオーディションでも発揮してみてください。自分の強みや魅力を、ダイレクトに伝えることができるでしょう。

社会人経験から学んだ、自分ならではの強み

若い時期から芸能界で活躍している方に足りないのは、芸能界以外における社会経験です。芸能人としてのキャリアは充分であっても、視聴者と近い立場で行動したりコメントしたりするタレントの場合、この社会経験のなさが、思わぬ足かせになってしまう可能性もあります。

30代まで別の世界で生きてきた方にとっては当たり前の経験でも、芸能界ではそうではないことも考えられます。だからこそ、ぜひこれまでの経験から自分にしかない強みを見つけ出してみてください。

  • ・豚肉100グラムをピタリと当てられる
  • ・漫画のタイトルを聞けば、作者や出版社などをすぐに答えられる
  • ・提供された料理の原価計算・損益計算ができる
  • ・クレーマーを見分けられる

実際にその仕事に就いている方にとっては、なんでもないことかもしれませんが、世の中大勢の人から見たら、それは立派な「特技」です。タレントとして生かせるかどうかは別であっても、まず自分という人間に興味を抱いてもらうきっかけにはなるはずです。

柔軟さや謙虚さ

こちらは逆に、30代になると減ってしまうのでは……と危惧される能力です。言われたことに柔軟に対応したり、謙虚に受け入れたりできることは、どんな世界でも大切なこと。新人であればなおのことだと言えるでしょう。

オーディションでは、どんな質問がやってくるかわからないもの。思い込みで「できない」と決めつけるのではなく、なんでもやってみよう!の気持ちで挑戦してみてください。

柔軟さや謙虚さを充分に伝えることができれば、「この人ならば、30代からの新人であってもやっていけるだろう」と判断されやすくなります。

まずはオーディションで自分の実力を試してみよう!

30代からタレントを目指すためのポイントをいくつか紹介してきましたが、何よりもまず大切なのは、自分自身の足でオーディションへと踏み出すことです。

芸能界入りのチャンスの一つは「スカウト」ですが、そもそもその数は非常に少なく、30代以降が対象になることはまずあり得ません。自分自身の魅力を伝える場所は、まず自分自身でつかみとるようにしましょう。

30代からでも挑戦できるオーディションは、決して多いわけではありませんが、ゼロでもありません。近年は大人世代をターゲットにしたオーディションも増えてきていますから、こうしたものを狙ってみるのも良いでしょう。

またもう一つおすすめなのが、テアトルアカデミーなど、芸能スクールで学ぶためのオーディションを受けるという方法です。事務所に所属するためのオーディションと比較すると合格率が高く、また年齢制限もそれほど厳しくありません。

タレントとして活躍することを目指すのであれば、事務所に所属したとしてもスクールで学ぶことは欠かせません。だったら初めから芸能スクールオーディションに挑戦し、タレントとして必要な知識が技術を身につけておくのも一つの方法です。30代にとってもっとも貴重な時間を、効率的に使えるのではないでしょうか。

事務所オーディションよりも合格率は高いとはいえ、芸能スクールオーディションも「受ければ全員受かる」というわけではありません。気を抜かずに準備を整え、合格を目指して頑張ってみてください。

今この瞬間からタレント目指して頑張ってみませんか?

今この瞬間からタレント目指して頑張ってみませんか?

30代からタレントを目指すことに、迷いを抱くのは当然のこと。「本当にそれでいいのだろうか」「結果が付いてくるのだろうか」と不安になるのも当然でしょう。とはいえ、その思いに蓋をしていても、夢は大きく膨らむばかりです。だったら、少しでも若い今この瞬間から、具体的に行動を開始するのがベストです。

30代から芸能界で夢を掴む方は、「遅咲き」とは言われてもゼロではありません。この時期、今の年齢だからこそ伝えられる魅力を武器にして、ぜひ芸能界デビューという目標を達成してみてください。

TOPへ戻る

芸能オーディション 比較ランキング

タレントになる方法

【ジャンル別】芸能人になるためには

【年齢別】芸能人になるためには

芸能オーディション対策

テアトルアカデミーのオーディション

芸能オーディション情報 比較ランキング!