40代から歌手を目指すことは可能か?実例と方法

40代から歌手を目指すことは可能か?実例と方法

「若い頃は歌手になることを夢見ていた」「チャンスがあれば今からでも歌手になりたい」など、このような思いを抱いている40代の方はいませんか?しかし、デビューしている歌手の多くは10代や20代などの若い世代が多く、「40代から目指すのは無理かな…」と諦めている方は多いでしょう。

ジャンルを問わず、芸能界では若い世代を求める傾向があるため、開催しているオーディションの多くは年齢制限を設けていることが多いです。そのため、歌手の道へと挑戦したくてもできないというのが現状です。

ですが、実際には40代で歌手としてデビューしている方もいることをみなさんは知っていますか?この記事では、40代でも歌手を目指す方法や、実際にデビューしている実例をご紹介していきます。歌手になる夢を諦めきれない方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

40代で歌手になるのは難しい?その理由は?

40代で歌手になるのは難しい?その理由は?

結論から言うと、40代から歌手を目指すというのは非常に難しく、一般的な手順や方法では難しいといわれています。というのも、歌手デビューしている人の平均年齢は役18~25歳となっていて、それ以降の年齢になるにつれて歌手になれる割合が減少しているからです。

ここでは、40代で歌手になるのが難しいといわれる理由についてまとめてみました。なぜデビューが難しいのか、なぜ若い世代の需要が高いのかなど、気になるポイントをご紹介しているので、一つひとつ見ていきましょう。

受けられるオーディションが少ない

歌手としてデビューするためには、レコード会社や音楽事務所が開催するオーディションを受けて合格しなければなりません。しかし、オーディションには年齢制限が設けられていることが多く、基本的に20代までが対象となるケースが多いです。

そのため、そもそも40代で受けられるオーディションを開催するところが非常に少ないということが、歌手への道が難しいといわれる理由の1つとなっています。ちなみに、年齢制限のあるオーディションにダメ元で応募しても、受け付けてもらえないことがほとんどだそうです。

音楽にお金を使う世代が若い

40代から歌手になることが難しいといわれるのは、音楽にお金を使っている世代として多いのが若い年代だからという理由もあるからです。10~20代にかけてCDの購入、またはスマートフォンでダウンロードなど、音楽にお金をかけているといった結果が出ているようです。

そのため、ビジネスとして考えるのであれば若い世代からの支持率をより高めるために、同じ世代の歌手をデビューさせる傾向があります。こうした理由も40代から歌手になるのは難しいといわれているため、もしオーディションを受けることができたとしても、若い世代が優先して採用されてしまうようです。

レコード会社を装った悪徳業者に騙される

最近ではレコード会社を装い、歌手を目指す40代の方をターゲットとした悪徳業者が増えていることを知っていますか?応募費用として高額な金額を要求するのですが、デビューできるような希望をチラつかせており、お金だけを騙し取るといった手口だそうです。

実際にオーディションが開催され、あたかも厳密に審査を行っているように振舞うため、実際に騙されたという方も少なくありません。また、こうした悪徳業者はオーディションを受けた人全員に合格通知を送り、高額な登録料やレッスン費用をさらに要求してきます。

また、歌手になることが難しい40代の心理を利用するため、多くの方はつい契約をしてしまい、契約者の中には膨大な借金を抱えたというケースもあるようです。当然デビューすることはできず、残るのは借金だけとなってしまうため、悪徳業者の存在も歌手になれない理由の一つとなっているようです。

40代から歌手になる方法はあるの?

40代から歌手になる方法はあるの?

これまで40代から歌手を目指すのは難しいとご紹介してきましたが、絶対になれないというわけではありません。そのため、歌手になる方法を知っていれば、あなたの夢を叶えることができるかもしれませんよ!

ここでは、40代から歌手になる4つの方法をまとめてみました。どうすれば歌手になれるのか、なるためにはどのようなことが必要なのかをご紹介しているので、「今からでも歌手になりたい!」という40代の方は、ぜひ参考にしてみてください。

年齢制限を設けていないオーディションを受ける

プロの歌手としてデビューするのであれば、やはりオーディションを受けなければなりません。しかし、一般的には年齢制限が設けられているケースが多いもの。ですが、開催されているオーディションの中には、年齢制限を設けていないところもあります。

このようなオーディションであれば応募を受け付けてもらえますし、しっかりと審査したうえで合否を決めてもらうことができるでしょう。ちなみに、現在の音楽業界では新人歌手を1から育成できる予算を持たないところが多いため、実力のある人材が求められる傾向があります。

つまり、同じオーディションを応募した若い人よりも、審査員の目を引くようなアピールをすることができれば合格できるかもしれないのです。年齢を問わず可能性はどの世代にもあるので、まずは年齢制限のないオーディションを探して応募してみてください。

圧倒的な歌唱力を身に着ける

新人をしっかりと育成する予算の限られたレコード会社や音楽事務所が多い音楽業界では、実力のある人材を積極的に採用する傾向があります。そのため、圧倒的な歌唱力を身に着けることができれば、40代で歌手になることも夢ではありません!

しかし、誰もが納得する歌唱力を身に着けるのは難しいものです。ですが、毎日欠かさずボイストレーニングを行うことで、少しずつ歌唱力を磨くことはできます。ちなみに、ボイストレーニングは現役歌手でも歌唱力を保つために日々行っているものです。

また、効果的なトレーニングは独学では難しく、向上しているのかを自分で判断するのも難しいものです。そのような場合は専門の音楽スクールに通ってみてはいかがでしょうか?スクールに通えばトレーナーからしっかりとした指導を受けつつ、より歌唱力を高めるためのアドバイスを受けることができるので、効果的なトレーニングを行うことができるでしょう。

ファッションセンスや容姿を磨く

歌手になるために必要なのは歌唱力だけではなく、ファッションセンスや容姿もなるための重要なポイントです。というのも、レコード会社や音楽事務所はオーディションを受ける方々を「ビジネスのための商品」としてみています。

つまり、いくら歌が上手くても服装や体形を気にしない方は採用されにくいのです。例えばですが、美味しい食べ物でも見た目が崩れていると誰からも買われることなく売れ残ってしまうものです。

そのため、歌唱力を磨きつつ、ファッションセンスや自身のスタイルも一緒に磨いて、歌の上手い魅力的な歌手になることを目指して頑張ってみてください。

40代でデビューした歌手の実例

あのハスキーボイスで有名な「綾戸千絵さん」、紅白歌合戦にも出場した「秋元順子さん」、美魔女シンガーで有名な「吉開りりぃさん」。ご紹介した3人の有名歌手は、40代からメジャーデビューをしている方となっています。

現役で活動している有名な歌手の方でも、40代からデビューしている実例があるので、この記事を読んでいるあなたにもチャンスはあります。日々の努力と諦めない意思を持って、夢を実現できるように頑張ってみてください。

40代からでも歌手になれる可能性はある!

基本的には若い世代の方が歌手になれる可能性が高く、年齢を重ねるごとにデビューできる人材は少なくなってしまいます。しかし、実例として有名な歌手でも40代を過ぎてからデビューしている方もいるため、絶対になれないというわけではありません。歌唱力や容姿など求められるものは多いですが、毎日努力を積み重ねて夢の実現に向けて頑張ってみてください。

TOPへ戻る

芸能オーディション 比較ランキング

タレントになる方法

【ジャンル別】芸能人になるためには

【年齢別】芸能人になるためには

芸能オーディション対策

テアトルアカデミーのオーディション

芸能オーディション情報 比較ランキング!