まだ間に合う!20代から女優になる手順と方法

まだ間に合う!20代から女優になる手順と方法

芸能界に興味を持つ女性の中には、見ている人に感動を届ける「女優」になりたいと考えている方もいるでしょう。また、はじめは女優業に興味がなかったという方でも、好きなドラマの主演を演じる女優さんに憧れて目指し始めたという方もいるのではないでしょうか?

しかし、女優になるとはいえ年齢的にまだ間に合うのか、なるためにはどんなことが必要なのかなど、さまざまな疑問や悩みを抱えている方も多いはずです。他にも、女優になる手順や方法についても気になるものです。

今回は、20代から女優になるための手順と方法をはじめ、デビューに最適な年齢や必要なスキルなどをご紹介していきます。女優だけでなく芸能界入りは若い方が有利だとよく耳にしますが、20代からでもまだまだ遅くはないので、ぜひこちらの記事を参考にしてあなたの夢を叶えてみてください。

20代でもまだ間に合う?デビューに最適な年齢は?

20代でもまだ間に合う?デビューに最適な年齢は?

女優を目指す女性の方が特に気にしているポイントになっているのが、デビューに最適な年齢ではないでしょうか?ジャンルを問わず芸能界に入りやすいのは若い年齢の人だとよく耳にしますし、実際にオーディションに合格している年齢層は若い人が多い傾向があります。

芸能界が若い人を採用する確率が高い理由には、以下のようなことが考えられています。

  • 技術や才能などの女優に必要なスキルを磨きやすい
  • いろいろや役を演じやすく受けられる仕事が多い
  • 開催されるオーディションの年齢制限が若いことが多い
  • 女優だけでなくその他ジャンルの仕事を受けられる

これらの項目は、若い年齢の方が芸能界に入りやすいといわれている理由です。つまり、10代であれば芸能界に入れる確率が高くなり、20代になると芸能界入りの壁が少し高くなるということです。

しかし、20代の女性でも女優になれないというわけではありません!芸能界で需要が高いのは若い方となっていますが、現役で活躍している女優さんの中には遅咲きで20代後半や30代でデビューした方も存在しています。

つまり、芸能界デビューに明確な最適年齢はないので、20代から女優を目指してもまだ間に合うといえるでしょう。ですが、年齢を問わず女優として必要なことを身に着けていなければ、当然ですがなれる可能性が低くなるので、女優としてのスキルを磨く必要があるでしょう。

20代からデビューした現役女優はたくさんいる

20代からデビューした現役女優はたくさんいる

20代でもまだ間に合う女優業ですが、「本当に20代からでも女優になれるの?」と不安に感じている方は多いもの。しかし、みなさんがドラマや映画などで見ている有名な女優さんも、実は20代から女優として活躍している方が多いんですよ!

現在30歳の仲里依紗さんは、実写版「時をかける少女」で主人公を演じた当時は21歳でした。また、クールな女性キャラや悪女役で有名な菜々緒さんは、23歳のときに女優としてデビューしています。

ご紹介した2人の女優さん以外にも、20代から女優デビューを果たし、現在でも現役で活躍されている方は他にもたくさん存在しています。その中にはデビューするまでに苦悩の日々を過ごし、女優になるまでの道は非常に険しいものだったという方も少なくありません。

例えば、10代からモデルとして芸能界入りをしていた方でも、女優として活動は遅咲きだったというケースは非常に多いです。つまり、若い年齢で芸能界に入っているからと言って、女優になれる・なりやすいというわけではないのです。

女優になるスタート地点は芸能人も一般人もみんな同じなので、努力は必要ですが20代からでも女優になれる可能性は十分にあるといえるでしょう!一番大事なのはあきらめないことなので、しっかりとした目標をもって女優の道を目指してみてください。

20代から女優を目指すための手順・方法とは?

女優を目指している20代の女性の多くは、芸能界とは無縁の生活を送っている方が多いはずです。そのため、女優を目指すにしても何から始めればよいものかと悩んでいるのではないでしょうか?

ここでは、20代から女優を目指すための手順と方法についてまとめてみました!女優業は大きく分けて「舞台」と「映像」の2種類に分けられていて、目指す方向性によってなるための手順・方法が異なります。以下でご紹介する内容をぜひ参考にして、あなたが目標としている女優の道を目指していきましょう。

女優としての基礎を学ぶなら養成所に入る

舞台女優を目指すなら劇団、ドラマや映画に出演する女優を目指すなら芸能事務所に入ることが一般的な手順と方法になります。しかし、どちらにせよ入団・入所するためにはオーディションを受けなければなりません。

オーディションは希望する方であれば誰でも受けることができますが、有名な劇団や芸能事務所になると合格するのは難しいもの。また、女優としての基礎を身に着けていなければ、オーディションに合格することができず、女優への第一歩さえ踏むことができなくなるでしょう。

確実に女優の道へと進みたいという方は、基礎をしっかりと学ぶことができる養成所に通うことをおすすめします。養成所は女優になるための専門学校のような場所で、必要な知識を学びつつ実力を身に着け、経験を重ねることができます。

ちなみに、現在活躍している有名な女優さんの中には、養成所に通うことから始めている方が多いといわれています。基礎や実力を身に着けることができれば劇団や芸能事務所のオーディションに合格する可能性も高くなるので、憧れの女優業に一歩ずつ近づいていくことができるでしょう。

実力を身に着けるなら劇団に入団する

実力派の女優を目指しているのであれば、劇団に入団してみてはいかがでしょうか?この場合は舞台女優として活動することになりますが、日々の稽古で女優としての実力を磨くことができるので、将来的に映像のお仕事を目指すこともできます。

舞台女優はドラマや映画などの映像の仕事とは異なり、本番では一切のミスが許されません。そのため、毎日しっかりと稽古を行い同じ演技を繰り返し行うことで、基礎や演技力などの女優としての実力を身に着けることができるでしょう。

しかし、入団するためにはオーディションに合格する必要がありますし、有名な劇団であれば簡単に合格を狙うのは難しいでしょう。学生時代から演劇の経験があり、将来は女優を目指しているという方であればおすすめの手順・方法なのかもしれませんね!

映像の仕事を希望するなら芸能事務所に所属する

映画やドラマなど、映像のお仕事を希望するのであれば芸能事務所への所属がおすすめです。女優としての活動やスケジュールなど、すべてをマネジメントしてもらえるので、現役で活動している多くの女優さんは芸能事務所に所属しています。

しかし、芸能事務所も劇団と同じくオーディションに合格しなければ所属することができません。審査員にしっかりと自分をアピールして大きな印象を与える、募集されている役に合わせた服装でオーディションを受けるなど、このような対策が合格を勝ち取るカギとなるでしょう。

女優になるために必要な3つのスキル

女優になるためには以下のような3つのスキルが必須となります。

  • 人を引き付けるような女性としての「魅力」
  • 役になりきるための「想像力」
  • 表情や体の動きで伝える「表現力」

現役で活躍されている女優さんは魅力的な女性がとても多く、だからこそ出演している作品は見たいと思えるものです。見ている人を引き付けるような女性らしさはもちろん、人としての魅力は女優に欠かせない重要なスキルです。

また、想像力は与えられた役になりきるために、表現力は喜怒哀楽を表情や体の動きで見ている人に伝えるために必要なスキルです。これらのスキルは女優として活躍するために必ず身に着ける必要があるので、普段からスキルを磨く努力が必要です。

20代からでも憧れの女優になることはできる!

芸能界では若い世代を優先して採用する傾向がありますが、20代の女性でもまだまだ女優を目指すことはできます!しかし、女優になるためにはオーディションを受ける必要がありますし、合格するためには必須スキルを身につけなければなりません。

女優を目指す正しい手順や方法というものはありませんが、知識や実力がなく自信がないという方は、まず養成所に通ってみるとよいでしょう。その後は自分が舞台・映像のいずれかの目指す方向性に合わせて、劇団や芸能事務所のオーディションを受けてみてください。

TOPへ戻る

芸能オーディション 比較ランキング

タレントになる方法

【ジャンル別】芸能人になるためには

【年齢別】芸能人になるためには

芸能オーディション対策

テアトルアカデミーのオーディション

芸能オーディション情報 比較ランキング!